ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金持ちになるためのバフェット入門
【第3回】 2007年10月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
三原淳雄

相場や経済の動きに踊らされてはいけない
あなたを惑わす「ミスター・マーケット」とは?

1
nextpage

 多くの投資家は、相場の動きに一喜一憂します。市場が暴落すると不安にかられ、どんどん下がるから早く売らなければと思ってしまう。逆に、市場が暴騰すると楽観的になり、まだまだ上がるから早く買わなければと思ってしまいます。その結果、高値で買って、安値で売るということになってしまうのです。

  一方、バフェットは相場に踊らされません。なぜなら、彼が追いかけているのは、マーケットではなく、会社だからです。たとえ株価が上下しようとも、もし株式市場が閉鎖されてしまっても、会社がなくなるわけではないから何も問題はないというわけです。彼にとって、株価の動きはわずらわしい存在でしかありません。

ミスター・マーケットはどんな人物?

  バフェットは、このことをバークシャー・ハザウェイの株主に教えるために、「ミスター・マーケット」の話をしています。ミスター・マーケットというのは、もともとはベンジャミン・グレアムが創りあげた架空の人物です。彼はこの人物を登場させて、株式市場の気まぐれを学生たちにわかりやすく教えたのです。

 『賢明なる投資家』のなかで、グレアムは次のように述べています。

 「株式市場は、情緒不安定なパートナー『ミスター・マーケット』みたいなものです。ミスター・マーケットは毎日、会社を売り買いしてもらうために値段を提示してきます。とんでもない値段をつけてくることもありますが、何度断っても、次の日にはまた違う値段を提示してくるのです」

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

世界のお金持ちが20代からやってきた お金を生む法則

加谷珪一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年5月

<内容紹介>
世界のお金持ちは、どうやってお金持ちになったのか? 実はお金持ちだけが知っている「お金持ちになる王道」があった! ビル・ゲイツ、イングヴァル・カンプラード、松下幸之助、坂本孝……彼らに共通するお金持ちになるための必須の資質とは? 億万長者との対話でわかったお金持ちになる秘密を大公開!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、6/11~6/17)



三原淳雄

1959年九州大学経済学部卒業後、日興證券に入社。70年ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興證券ニューヨーク支店勤務、ロサンゼルス支店長を経て同社退社。80年三原淳雄事務所を設立。現在、経済評論家として、日本経済、株式投資などの講演・執筆活動多数。日本におけるウォーレン・バフェットの研究家として知られている。


お金持ちになるためのバフェット入門

バフェットの考え方がわかれば、安全・確実に資産を増やすことができる。銘柄の選びからバリュー投資までのシンプルな考え方をコンパクトに紹介。

「お金持ちになるためのバフェット入門」

⇒バックナンバー一覧