ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

“赤ちゃん”が死んでも、ブームは終わらない!?
老若男女の心を奪い続ける「パンダビジネス」の魔法

宮崎智之 [フリーライター]
2012年7月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

「勇気をもらったよ」「夢をありがとう」――。上野動物園で生まれ、わずか7日目に幼い命を閉じてしまったパンダの赤ちゃんを悼む声が、日本中に溢れている。東日本大震災直後に公開され、パンダブームを再燃させたシンシンとリーリーの子どもが死んだことにより、パンダブームは腰折れしてしまうとも思われた。ところが町中からは、「これからも、もっとパンダを見に行きたい」という前向きな声が、数多く聞こえてくる。半世紀近くにわたって老若男女を魅了し続ける「パンダビジネス」の魅力とは、果たして何なのか。背景を分析すると、我々の想像を超える経済効果と、それを生み出す「魔法」の正体が見えてきた。(取材・文/プレスラボ・宮崎智之)

赤ちゃんパンダの「早すぎた死」
喜びから一転、日本中を包んだ悲しみ

愛苦しいビジュアルと仕草で、不動の人気を誇るパンダ。新しいパンダがお目見えするたび、人々は動物園の前に長蛇の列をつくった。老若男女を問わず、なぜこれほどまでに愛され続けるのか。

 パンダの赤ちゃんが死んだ――。

 そんなニュースが駆け巡ったのは7月11日のこと。上野動物園(東京都恩賜上野動物園)で東日本大震災直後に公開され、日本中に明るい話題を振りまいた2匹のジャイアントパンダ、「シンシン」(メス)と「リーリー」(オス)の赤ちゃんが、生後わずか7日目で幼い命を閉じてしまったというのだ。

 7月5日に誕生したこの赤ちゃん、上野動物園のジャイアントパンダとしては24年ぶりの誕生となった。性別はオスで、体重は133.1グラムだったという。上野動物園のHPによると、シンシンとリーリーは3月25日と26日に交尾。妊娠期間は83~200日が普通とされているが、シンシンは103日目で出産を迎え、安産だったという。

 しかし、11日の午前7時30分頃、心肺停止状態になったところを発見され、係員が心臓マッサージを行なったが8時30分頃には死亡が確認された。死因はシンシンの授乳に起因する肺炎の発症ではないかと言われているものの、真相は定かではない。

 上野動物園の土居利光園長は、会見中に「ただただ残念」と涙を拭いた。パンダは人工繁殖や飼育が困難な動物だとされているが、今回、改めてその難しさが浮き彫りになった格好だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧