ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―

其の20「兵は国の大事」(孫子)
小沢氏の離党、新党結成を
孫子の立場で見てみると……

江上 剛 [作家]
【第20回】 2012年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 小沢一郎氏が、ついにというか、とうとうと言うか、民主党を離党し、新党を旗揚げした。郎党を50名ほど連れて出たから、野田首相周辺は、「馬鹿が出て行ってくれてせいせいした」などと言う議員もいると聞くが、侮ってはいけないだろう。マスコミの小沢氏嫌いもまだまだ強く、成算ない、人材ない、金ないの「3ない新党」などと言いたい放題だが、歴戦の勇士である小沢氏のことだ、それほど馬鹿にしたものではないかもしれない。

 今回の離党、新党結成を孫子の兵法に従って、ちょっと見てみることにする。すなわち小沢氏が孫子の兵法を学んで、今回の離党を実行したという仮定に立ってみるのだ。小沢氏の愛読書に孫子の兵法があるかどうかは知らないが、何かが見えて来るかもしれない。

「兵(戦争)」に大事な5条件

 孫子は、冒頭に「兵は国の大事」と言う。続けて「死生の地、存亡の道なり」と言う。すなわち戦争とは、国民の生死、国家の存亡がかかっているということだ。

 小沢氏は、野田民主党に宣戦布告したわけだが、「国民生活第一」ということを主張しているように、この戦争が、国家、国民の存亡に重大な関わりがあると認識していると考える。

 そこで孫子は、「兵(戦争)」には、5条件が大事という。「道・天・地・将・法」の五つだ。

 第1の「道」は「大義」だ。これがないと戦争は無意味な殺戮でしかない。兵士も人民も大義があるからこそ、君主とともに命を捨てる気になるのだ。

 小沢氏は、大義は自分にあると判断している。野田首相は、消費税は上げないと言って選挙を戦って来た。また原発も脱原発の路線を踏襲すると言っていた。それを簡単に翻した。国民の生活を守るためだとか屁理屈をこねているが、多弁なだけで、国民は、彼の裏切りを見抜いている。筋から言えば、「消費税を上げる、原発を動かす」ということで解散総選挙を行うべきなのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江上 剛 [作家]

えがみ ごう/1954年1月7日兵庫県生まれ。本名小畠晴喜(こはた はるき)。77年3月早稲田大学政経学部卒業。同年4月旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。高田馬場、築地などの支店長を歴任後、2003年3月同行退行。1997年に起きた第一勧銀総会屋利益供与事件では、広報部次長として混乱収拾に尽力する。『呪縛 金融腐蝕列島』(高杉良作・角川書店)の小説やそれを原作とする映画のモデルとなる。2002年『非情銀行』(新潮社)で作家デビュー。以後、作家に専念するも10年7月日本振興銀行の社長に就任し、本邦初のペイオフを適用される。


逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―

作家・江上剛氏は、その人生で2回も当局による強制捜査を経験した。その逆境にあって、心を支えくれたのが、「聖書」「論語」「孫子」などの古典の言葉である。ビジネス界に身を置けば、さまざまな逆風にされされることも多い。どんな逆境にあっても、明るく前向きに生きる江上剛氏が、柔術ならぬ“剛術”で古典を読み解き、勇気と元気の“素”を贈る。

「逆境を吹っ飛ばす江上“剛術”―古典に学ぶ処世訓―」

⇒バックナンバー一覧