ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
算数・数学を得意にする方法
【第2回】 2012年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
小杉拓也 [進学塾 志進ゼミナール代表]

「数字に強い人」と一目おかれる
2ケタ×2ケタの暗算テクニック!

1
nextpage

『この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本』の著者・小杉拓也さんの連載2回目は、「数字に強い」と一目おかれること間違いなしの暗算方法を紹介します。お子さんにも教えてあげたい簡単テクニック。ぜひ活用ください。

小学校の算数ができる人=数字に強い人

 あなたは、他の人から「数字に強い」というイメージを持たれていますか?
  ビジネスにおいても、日常生活においても、数字に強いと頭がいいと思われたり、言葉に説得力が生まれたりと、メリットがたくさんありますよね。

 でも、実は、数字に強いというのは、小学校の算数で習う計算を、すばやく正確にできること程度のことだったりします。

 数字に強い、弱いという言葉が使われるとき、「あの人は2次方程式が得意だから数字に強い」なんて言いませんし、「あの人は平方根の計算が苦手だから数字に弱い」なんて言わないでしょう。

 もっと言うと、数字に強いかどうかの判断基準は主に2つです。

  (1)すばやく正確に暗算できるかどうか
  (2)割合の計算に強いかどうか

 まず、(1)の「すばやく正確に暗算できるかどうか」ということについてお話します。たとえば、ある会議で部長が次のように言ったとしましょう。

 「わが社の取引先45店に12個ずつ試供品を送ることを考えている」

 その時、Aさんが瞬時にこう発言しました。

 「部長、ということは、試供品は540個必要ということですね」

 Aさんのこの即答を受けて部長は、「Aさんはなんて暗算が速いんだ。Aさんは数字に強いんだな」という印象を持ちました。

 また、飲み会の終わりに、「会計は17,540円だな。今日は5人で来てるから一人あたり……」と誰かが言ったときに、「3,508円だね。」と瞬時に言うと、「彼は数字に強い」となるでしょう。
  実際は、1円の単位まで割り勘することはあまりないとは思いますが……。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小杉拓也(こすぎ・たくや)[進学塾 志進ゼミナール代表]

東京大学経済学部卒。IT関連会社を経て、中学受験塾SAPIXグループの個別指導塾の講師へ。その後、プロ家庭教師として独立。常にキャンセル待ちの出 る人気教師となる。2012年2月個別指導塾「志進ゼミナール」を埼玉で開業。塾長として生徒の指導、教室の運営にあたる。指導教科は小学校と中学校の全 科目。特に中学受験対策を得意とし、毎年難関中学に合格者を輩出している。暗算法の開発や研究にも力を入れている。著書は、『この1冊で一気におさらい! 小中学校9年分の算数・数学がわかる本』(ダイヤモンド社)、『2ケタ×2ケタが楽しく解けるニコニコ暗算法』(自由国民社)、『中学受験算数・東大卒プ ロ家庭教師がやさしく教える「割合」キソのキソ』、『この裏ワザでなぜ中学受験に受かるのか』、『中学受験算数・計算の工夫と暗算術を究める』(以上、 エール出版社)。

進学塾 志進ゼミナール(埼玉県志木市):http://kosgi.net/


算数・数学を得意にする方法

「算数や数学がどうも苦手」という大人と子どものための短期集中連載の始まりです! どうして苦手になってしまったのか、どうしたら得意になるのか、得意になるとどんな良いことが待っているのかを、『小中学校9年分の算数・数学がわかる本』の著者である小杉先生に伺います。

「算数・数学を得意にする方法」

⇒バックナンバー一覧