ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

ひとりよがりでは最強のチームをつくれない
間違いだらけの人と組織

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第8回】 2012年8月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「事業は人なり」という。しかし、「人」に腐心している起業家はどれだけいるのだろうか。スタートアップは、サービスやモノをつくること、そして売る(ユーザーを得る)ことに集中するのが常だ。そのため、「人」や「組織」に関するスキルや経験が薄いこともあって、それらの課題がおろそかになりがちだ。

 お金のKA(こいつらアホか)について第4回で書いたが、これらの課題は可視化し難く、何が正しいと言い難い。なかには、スタートアップ特有の「事業創造の勢い」で多少のことは埋没させて、大きな問題に発展しない例もないわけではないが、致命傷になることも多い。

 人と組織の問題は、起業家個人の個性や本人の成長に深く根差しており、難物だ。だが、何もできないわけではない。今回は、この人と組織について取り上げたい。

人と組織は問題だが
知らないことを認めようとしない起業家

 あるセッションで、数人規模のスタートアップを率いる起業家の「いつCOOやCFOを雇えばいいのでしょう?」との質問があった。それに対して、先輩のベンチャー経営者たちは「分類学的な人材のタイプ分けは後付けのことも多く、成長企業では逆に結果としてCOO的な人が育った、ということの方が多い」あるいは「そもそもCXOなど数人体制では要らない。よくスタートアップでバチっと体制が固まっていることがあるが、不要だと思う。できることを全てやっているのがベンチャー。機能分化してはやっていられない」と答えていた。

人と組織については色々と理論があるが、それぞれのスタートアップの場面でそのどれが役に立つか、心得ている起業家は少ない。それどころか、上記のように、バズワードに惑わされていることも多い。

 ほとんどの場合、スタートアップにあるのは、人材のみだ。しかし、なんとなく凌いでいるのが実情かもしれない。自分も人だし、人について何も知らないわけではないが、スタートアップでよいチームをつくるのは別の話だ。それにエンジニアの創業者であろうと、人と組織の課題を避けることはできないのだ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧