ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

「第三次EVバブル」は本当に崩壊するのか?
EVの未来はアメリカに振り回されっぱなし

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第122回】 2012年8月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

米リチウムイオン二次電池ベンチャーが身売り
これは、EVバブル崩壊への前兆なのか!?

 「やはり、もたなかったか…」

 EV(電気自動車)など次世代車ビジネス関係者の多くが、そう漏らした。

 2012年8月8日、経営不振に陥っていた米リチウムイオン二次電池ベンチャーの「A123システムズ」は、中国自動車部品大手「萬向集団」が同社の株式過半数以上(投資総額約356億円)を取得するとの覚書を交わしたと発表した。

 A123システムズは元々、MIT(米マサチューセッツ工科大学)発の学内ベンチャー。オバマ政権のグリーンニューディール政策のなかでは、EVベンチャーの「テスラ」と並び称される“次世代ビジネスの星”だった。A123システムズは2009年1月7日、DOE(米エネルギー省)によるATVMIP(Advanced Technology Vehicles Manufacturing Incentive Program) というローン申請が受理された。その額、1.84ビリオン米ドル(約1454億円)。

 当初の事業計画は、2013年までにハイブリッド車500万台、またはプラグインハイブリッド車50万台向けの電池パック供給だった。それに対応し、ミシガン州デトロイト郊外で大規模生産拠点の建設を明らかにした。ローンの返済期間について同社は明らかにしていないが、同じくATVMIPの対象となったテスラの場合「返済期間は10年間だ」(同社経理関係者)という。

A123システムズが、クライスラー向けに想定した、電池パック各種。  Photo by Kenji Momota

 こうして、潤沢な資金を得たA123システムズは、次世代エネルギー関連のシンポジウムや学会等では、派手な展示とプレゼンテーションによりメディアへの露出度も大きかった。

 だが、大口の販売先が定まらず、経営は徐々に逼迫。当初、最大顧客として見込んでいたクライスラーの経営破綻により、EV向け納入話がご破産になった。そのため、スマートグリッド向けとして大型商業施設や工場向けの大型蓄電設備への売り込みを強化していった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧