ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

中日の政治的軋轢が高まる今こそ
両国が再確認しておくべきこと

莫 邦富 [作家・ジャーナリスト]
【第119回】 2012年8月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 9月が近づくにつれて、私の原稿や発言のテーマはほぼ一つに集約されてきた。日中国交正常化40周年と釣魚島(日本名は尖閣諸島)問題だ。今年は日中国交正常化40周年に当たる記念すべき年なのだ。

日中両国間は
政治的地震の多発期に突入

 今年の年初、とある講演会で、日中国交正常化40周年を迎える今年の雰囲気は、と訊かれたことがある。そのとき、私は「よくないだろう。これからまだいろいろトラブルが起きるに違いない。日中両国間は政治的地震の多発時期に突入したからだ」と、素直に自分の心情を語った。

 案の定、釣魚島の東京都による買い上げや国有化問題、香港と日本の活動家の釣魚島上陸、さらに中国で起きた抗議デモなどが相次いで起きた。数日前には、丹羽宇一郎駐中国大使の公用車の日の丸が奪われるという事件も発生した。これらの事件はまさに大なり小なりの地震のように、日中両国の外交関係を揺さぶり続け、双方の国民感情にマイナスの影響を与えている。

 最近、とあるメディアに寄稿した私の原稿で、「私は日中関係をよく建築物にたとえて表現する。40年前の建築基準で建てられた中日関係というビルには、今日の実情に照らして、耐震構造を取り入れる改修工事を行うべきだ」、といった趣旨の内容を書いている。

日中間の民間交流は
影響を受けていない

 やや胸をなでおろす話だが、一連の政治的地震が続くなか、日中間の人的交流をはじめとする一連の交流活動やイベントがほとんど影響を受けずに粛々と進んでいる。少なくとも、私とうちの事務所のまわりを見るかぎり、そのように言い切れるだろうと思う。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

莫邦富(モー・バンフ) [作家・ジャーナリスト]

1953年、上海市生まれ。85年に来日。『蛇頭』、『「中国全省を読む」事典』、翻訳書『ノーと言える中国』がベストセラーに。そのほかにも『日中はなぜわかり合えないのか』、『これは私が愛した日本なのか』、『新華僑』、『鯛と羊』など著書多数。


莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見

地方都市の勃興、ものづくりの精度向上、環境や社会貢献への関心の高まり…中国は今大きく変わりつつある。先入観を引きずったままだと、日本企業はどんどん中国市場から脱落しかねない。色眼鏡を外し、中国ビジネスの変化に改めて目を凝らす必要がある。道案内人は日中を行き来する中国人作家・ジャーナリストの莫邦富氏。日本ではあまり報道されない「今は小さくとも大きな潮流となりうる」新発見を毎週お届けしよう。

「莫邦富の中国ビジネスおどろき新発見」

⇒バックナンバー一覧