ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

感度が高い女性はテキーラ、ラムが好き?
ソムリエ資格まで登場する人気は本物か

週刊ダイヤモンド編集部
2012年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 メキシコ特産の蒸留酒「テキーラ」がじわじわと人気を高めている。ハリウッドセレブの間で人気が集まっていることから、世界的なブームになりつつあるのだ。日本でも東京を中心に取り扱う飲食店や専門のバーが次々と登場し、流行に敏感な女性を中心にテキーラを楽しむ人が増えている。同様にカリブ海周辺の国を主な原産地とする蒸留酒「ラム」も、カクテル「モヒート」をきっかけとして、愛好者が増加中。「テキーラソムリエ」「ラム・コンシェルジュ」といった資格まで登場し、ブームはヒートアップしてきた。

東京都渋谷区のプレミアムテキーラバー「アグア」は、誰でもテキーラを楽しめる店をコンセプトにしており、若い女性も多い

 「テキーラがあまり好きでないという人は、たぶん本当のテキーラを飲んだことがない人。ぜひ、本物のプレミアムテキーラを味わってほしい。香りや熟成感の高さにビックリする人が多く、大概は気に入ってくれる」

 昨年6月にオープンしたプレミアムテキーラバー「アグア」を運営するダイニングチッキン取締役の小林肇さんは熱っぽく語った。

 テキーラは、飲み会の罰ゲームのときに、ショットグラスで一気飲みするものというイメージを持つ人も多いだろう。しかし、現在ブームとなっているのは一気飲みに使われるような安い、混ぜ物のテキーラではない。プレミアムテキーラと呼ばれる高級タイプだ。近年、ハリウッドスターや米国のベンチャー企業経営者らがプレミアムテキーラを飲むようになっている。フェイスブックを題材とした映画「ソーシャル、ネットワーク」でも、プレミアムテキーラ「ドンフリオ」を飲むシーンがあるように、プレミアムテキーラは成功の象徴として人気を博している。こうした情報に目ざとい人々が日本でもプレミアムテキーラを飲み始めているのだ。アルコール度数は50度前後と高めだが、混ぜ物がないので、二日酔いは少ないという。

 実際、アグアには連日、30代を中心とした男女が集っており、満杯になる日も多い。意外に思うかもしれないが、お客の半分は女性で、女子会の会場として利用されることもある。流行を見つけるのが得意な女性がテキーラバーにはまっている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧