ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

“5”でiPhoneに翳りが見えた?
日本勢のラストチャンスはあるのか

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第33回】 2012年9月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 去る9月13日、アップルはiPhone5を発表した。本連載でも触れたとおり、最新鋭のA6チップを搭載し、高速通信規格のLTEにも対応する。画面も大きくなり、電池の保ちも改善されたという。

 私はまだ手に取ったわけではないが、それでも素晴らしい端末であることは概ね分かる。おそらく今回も相当数が売れるだろう。特にiPhone4Sの導入を控えていたユーザにとっては、絶好の買い替えの機会到来である。

 日本の通信事業者も今回は相当本気だ。iPhoneのリリースで先行したソフトバンクモバイルはもちろん、KDDIもLTE対応をスケジュール前倒しで本格的に進めるという。インフラの高品質化を含め、力を入れた販売合戦が予想され、消費者にとっては喜ばしい展開である。

 一方、前回でも触れた通り、Android勢は敵失の感が若干否めない。アップルとサムスン等との訴訟は、日本市場にはまだ大きな影響を及ぼす段階ではないものの、販売現場に勢いがつかないのは否めないし、なにより端末の出来具合からいっても、iPhone5が圧倒する状況はしばらく続くだろう。

 おそらく次のiPad発表時くらいまでは、アップルは我が世の春を迎えることになるだろう。iPadも更なるアップデートが期待されており、次期製品くらいまでは、技術的な進化だけでも現状のニーズは十分満たせるだろう。

何かが違う
アップルのプレゼンテーション

 ただ、同じくアップルの発表を見ていた通信事業者や端末開発者と話をしていて、異口同音に「どうもこれまでと何かが違う」という話になった。

 まず違和感を覚えたのは、アップルのプレゼンテーションが「端末のスペック(技術的な性能)」を強調したものだったということ。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

クロサカタツヤ[株式会社 企/株式会社TNC 代表]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧