ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

中国市場攻略にMBAは通用しない!
広告戦略はネット×アイデアで勝負する
――重松俊範・読広大広(上海)有限公司副総経理

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]
【第82回】 2012年9月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大手広告代理店、読売広告社と大広の合弁会社である「読広大広(上海)有限公司」副総経理の重松俊範氏(中国駐在7年)に、日系企業が中国市場で勝つための広告戦略について聞いた。

日本企業は中国では
リーダー戦略を採るな

重松俊範・読広大広(上海)有限公司副総経理

――中国でのマーケティングで苦戦している日系企業が多いようです。なぜ日系企業はうまくいかないのでしょうか?

 現在中国には、日本ではマーケットの「リーダー」である名だたる大企業が進出してきています。ただし、実際には、商品力はあったとしてもチャレンジャー・ニッチャー戦略しか取れないはずなのに、日本市場と同じように「リーダー戦略」に基づいて行動してしまうことが多いことが原因だと思います。

 中国では、ローカル企業、欧米企業を含む大手競合が年間100億円かけてマーケティングしているのに、日系企業の予算は1億円だったりします。そんな状況にもかかわらず、予算規模の違う大手競合のマーケティング手法を真似したがる日系企業が多いのが現状ですが、100倍の予算をかける競合と同じことをやっても日系企業が勝てる訳がないのです。

 それ以外にも、「意思決定スピードが遅い」とか、「中国事業の責任者が3年ごとに交代して前任者の全否定などから入るためブランドイメージが定まらない」なども日系企業が中国で苦戦している原因だと思います。

 反対に、多少予算は少なくても、中国に長く駐在している日本人の事業責任者が、事業に関わる全ての意思決定を迅速に行っている日系企業は中国でもうまくいっていると思います。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

江口征男 [智摩莱商務諮詞(上海)有限公司(GML上海)総経理]

1970年、神奈川県横須賀市生まれ。横浜国立大学大学院工学研究科修了、Tuck School of Business at Dartmouth MBA。Booz & Company, Accentureなどの経営コンサルティング会社、子供服アパレル大手のナルミヤ・インターナショナルを経て、中国にて起業。上海外安伊企業管理諮詞有限公司(Y&E Consulting)、(株)MA PARTNERSの創業経営者でもある。
⇒GML上海ホームページ執筆者へのメール


日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男

世界経済の牽引役として注目を浴びる中国に進出する日本企業は、後を絶たない。だが、両国の間に横たわる「ビジネスの壁」は想像以上に厚い。今や「世界一シビアな経済大国」となった中国で日本企業が成功するためのノウハウを、現地コンサルタントが徹底指南する。

「日本人が知らないリアル中国ビジネス 江口征男」

⇒バックナンバー一覧