ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

外貨投資の“罠”にはまるな!
投資家のための「為替入門」決定版

週刊ダイヤモンド編集部
【09/10/17号】 2009年10月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
『週刊ダイヤモンド』

 金融危機の勃発以降、今年頭までは、だれもがドルを欲しがり、ドルが買われる局面だった。

 春以降になると、ドル買われすぎの修正が起こった。世界金融危機が沈静化し、「備えとしてのドルは不要じゃないか」となった。資源国通貨やリスクの高い高金利通貨が反発し、そうした通貨の対円レート(クロス円)もじわり高く(円安に)なっていった。

 その間、円に絡んだ為替市場のテーマは、景気の二番底懸念とクロス円だった。経済指標が市場の回復期待を裏切ると、株が大きく下がり、クロス円が下がる(円高になる)。為替市場ではそれを狙った仕掛けが何度も繰り広げられた。

 ところが9月に入ってからは、それまでの株とクロス円の上下の相関は崩れてきた。たとえば、クロス円が下がれば、ユーロの対ドル相場も一緒に落ちていたものが、ユーロは上がるようになってきている。要は、「ドル安」が非常に意識されるようになってきた。

 市場の流れは今、緩やかなドル下落に変わってきている。また円はドルに対して上昇圧力が増すいっぽう、クロス円においても高くなる動きが強くなっている。不気味な「円高のマグマ」が溜まり始めた。

 本特集は「為替入門」である。ただし、「投資家のための」に絞った「為替入門」である。基本中の基本については、ページを割いていない。「外貨投資をするにあたって、知っておくべき罠」について徹底解説している。

 「Part1 為替の落とし穴 」では、投資家が陥りやすい2つの大誤解について説いている。高金利に釣られて痛い目に遭わないための必須知識だ。

 「Part2 円高とドルの謎」では、通貨と経済について知っておくべき主要ポイントを解説する。

 円高になれば、輸出企業が苦しくなるのはもちろんだ。だが、メリットもある。その円高メリットがなぜ、現れてこないか。「ドル離れ」の根底にある懸念はなにか。さらにユーロや人民元と経済に関わる焦点についても触れている。

 「Part3 為替市場の謎」では、為替市場で暴騰と暴落が繰り返される理由を解明した、「経済物理学」の最新研究を紹介している。これまでの“経済学の常識” は明らかに覆された。

 「Part4 FXの裏側」は、FX投資家必読である。噂される「ストップ狩り」「レート操作」の実態に迫った。FX業界は明らかに大淘汰時代に突入している。

 「Part5 為替仕組商品の罠」は、為替に関係した複雑なる仕組商品の実態を追った。中小企業がオプションの地獄に落ち、デリバティブ汚染が自治体に蔓延し、多数の大学や公益法人などが爆弾を抱え込んでいる、その恐るべき実態を浮き彫りにした。

 「Part6 外貨投資の鉄則」では、主要13通貨(14通貨ペア)について、割安・割高度を長期的視点から分析した。長期投資の指針として欲しい。

 この特集を手にとって、「為替の罠のありか」を知っていただきたい。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 小栗正嗣)

週刊ダイヤモンド

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧