ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

ファンドマネジャーは経営者に不向きなのか

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第70回】 2009年2月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ファンドマネジャーに向く人は、経営者に不向きではないかという仮説が以前から気になっている。

 経営者にはいろいろな経歴の人がいる。しかし、成功した経営者で、前歴にファンドマネジャー経験がある人がもっといていいと思うのだが、案外思い当たらない。

 ファンドマネジャーとして優秀な人が、サラリーマンとしてあまり優秀でないことが多い点(要は出世しないタイプであるということ)は、どうやら確からしい。

 有能なファンドマネジャーには多数説の弱点や見落としを探すことに喜びを見出す人、「長い物に巻かれる」的な行動が嫌いな人が多い。会社組織では上司には嫌われるタイプだ。

 ベンチマーク(多くは市場平均を表す指数)にいつも勝てるという意味で有能なファンドマネジャーが本当にいるのかと訝る向きがあろうが、特定の期間によく相場が見えて、ベンチマークに、したがってライバルたちに勝っている運用者で、同業者から一目置かれるような人は暫定的に「ファンドマネジャー向き」と呼んでもいいだろう。彼らが今後も勝ち続けるとは限らないが、確かにサラリーマン向きでない人が多い。

 冒頭の仮説の正誤を判断するには、「経営者向き」の人格をどうとらえるかが問題になる。独断だが、有能な経営者は、(1)自己主張の強さ、(2)ケチといえるくらいの金銭的なこだわり、(3)粘り強さ、(4)他人を惹きつける魅力、を身につけていると思う。

 もう少し集約すると、成功した経営者には「自分に都合のいいことを信じる力」の強い人が多い。信じるから、物事が徹底できるし、凡人から見ると信念のある人は魅力的に映るから他人を動かすうえでも有利だ。同様の性質を持っていて失敗する人もいるから、これだけではダメなのだろうが、一つの特徴といえるのではないか。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧