ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
起業人

化粧品製造業界で躍進続ける若武者
起業のキッカケは恩人の裏切り
サティス製薬代表取締役 山崎智士

週刊ダイヤモンド編集部
【第206回】 2012年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
Photo by Toshiaki Usami

 かつてこんな起業があっただろうか。山崎智士が化粧品OEM(相手先ブランドでの製造)会社、サティス製薬を創業したいきさつは、あまりにも常軌を逸していた──。

 高校を中退した山崎は、17歳のときに、ある化粧品製造会社に就職した。社長は技術者として名をはせた人物で、山崎に化学の基礎から化粧品開発に至るまですべて教えてくれた。まさに恩人といえる存在だった。

 20歳のころには岡山大学の研究室へ出向させてもらい、アトピーなど皮膚アレルギーに低影響の洗浄剤の開発に没頭した。ところが、研究の完成まであと一歩のところで急遽会社に呼び戻され、社長にこう告げられた。「独立する」──。

 実は社長は雇われであり、オーナーである会長とは絶えず意見が衝突していた。そのため、社長は複数の社員と共に新会社を起こすことにしたのだ。そのメンバーの1人として山崎にも声がかかったというわけだ。

 山崎は迷うことなく社長に賛同し、新会社設立のための資金調達などに奔走した。だが、当時はバブル崩壊の傷痕が深く、会社設立は遅々として進まなかった。複数いたメンバーも徐々に離れ、最後は社長と山崎の2人だけとなった。それでも起業の決意が揺るがなかった山崎は、工場の仮契約などを進めた。

 ところが、毎晩連絡を取っていた社長が、突如3日も音信不通となった。不安に駆られた山崎は社長の自宅に出向き、車で帰りを待った。社長は深夜に帰宅したが、予感めいたものがあり山崎は声をかけず、車中でまんじりともせず夜を明かした。

 翌朝、自宅を出た社長の後を車でつけると、見たこともない建物に入っていった。不安が極限に達した山崎は建物に入り、驚く社長に、「ここが新しい会社ですか?」と問いただした。対して社長は、「僕はここでやっていくから」と答えた。2人での創業に不安を感じた社長は、別の会社の下で事業を始めることにしたのだ。まさしく恩人たる社長に裏切られた瞬間だった。

 目の前が真っ暗になったが、すでに工場の仮契約を済ませ、内装工事も進んでいた。ここでストップすれば、山崎が立て替えた3000万円もの負債を抱え込んでしまう。途方に暮れたが、「事業を始めてもいないのに破産するのは嫌だ」と思い、単独での起業を決意した。22歳のことだった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


起業人

先達の苦難の道のりには、汗と涙に彩られた無数のドラマがある。そして、起業家達の苦闘の中には明日への成功のヒントとノウハウが凝縮されている。

「起業人」

⇒バックナンバー一覧