ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~

文科省主導で動き出した「第三者委員会」による検証
委員会メンバーの “人選” が議論の焦点に

加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]
【第14回】 2012年10月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東日本大震災の大津波によって、児童・教職員84人という世界でも例のない犠牲者が出た石巻市立大川小学校。震災から1年半以上が経過したが、なぜこれほどの児童・教職員が犠牲にならなければならなかったのか、今もまだ真実は明らかになっていない。そうしたなか、9月下旬に文科省から事態の進展を促す働きかけがあり、事故の検証のための「第三者委員会」の設置に向けて、ようやく新たな動きが出てきた。

文科省が事故検証の試案を
市教委や遺族に提示

 東日本大震災で起きた石巻市立大川小学校での津波被災事故の検証に関して、9月下旬、文科省の動きがあった。

 大津市のいじめ自殺問題をきっかけに今夏発足した、文部科学省の「子ども安全対策支援室」の室長ら3人が、9月28日から29日にかけて石巻を訪れ、事故検証の試案を、石巻市教育委員会や遺族に示したのだ。

 第11回でも触れたように、子ども支援室のメンバーは、震災から1年半となる同年9月11日に、亡くなった児童の母親たちの訪問を受けた。その際、「(市教委との)話し合いをするところに、我々が中立的な形で入るとかが必要なのかな」と感想を語っていた。その言葉通りに、文科省側は事態の進展を図ろうと素早い対応をしている。

 これまでに市教委が提案した第三者委員会設置は、市の予算の執行には遺族の同意が必要で、事実上凍結されたままの状態となっていた(詳しくは第2回)。

 文科省の試案を示しての話し合いは、市側・市教委側、遺族会会長、遺族有志に対して、3回に分けて行われた。それぞれの場に、県教委からも次長以下2名が参加している。

 市側・市教委側との会合には、市教委の幹部のほかに、亀山紘石巻市長も冒頭だけ出席。亀山市長は、「検証をしっかりやっていきたい」「文科省に進めていたくことはありがたいことだ」と話していたという。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

加藤順子 [フォトジャーナリスト、気象予報士]

気象キャスターや番組ディレクターを経て、取材者に。防災、気象、対話、科学コミュニケーションをテーマに様々な形で活動中。「気象サイエンスカフェ」オーガナイザー。最新著書は、ジャーナリストの池上正樹氏との共著『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)。『ふたたび、ここから―東日本大震災・石巻の人たちの50日間』(ポプラ社)でも写真を担当し、執筆協力も行っている。他に、共著で『気象予報士になる!?』(秀和システム)。最新刊は『石巻市立大川小学校「事故検証委員会」を検証する』(ポプラ社)。
ブログ:http://katoyori.blogspot.jp/


大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~

東日本大震災の大津波で全校児童108人のうち74人が死亡・行方不明となった宮城県石巻市立大川小学校。この世界でも例を見ない「惨事」について、震災から1年経った今、これまで伏せられてきた“真実”がついに解き明かされようとしている。この連載では、大川小学校の“真実”を明らかにするとともに、子どもの命を守るためにあるべき安心・安全な学校の管理体制を考える。

「大津波の惨事「大川小学校」~揺らぐ“真実”~」

⇒バックナンバー一覧