ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

まずは「中古車」で顧客開拓
“最後の市場”アフリカに懸ける豊田通商

週刊ダイヤモンド編集部
2012年10月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 商社にとって“最後の市場”と言われるアフリカで、豊田通商が勢力を伸ばしている。

 8月には、約1000億円かけてアフリカに強いフランス系商社最大手、CFAOの株式を29.8%取得し、今月初旬にも追加で株式公開買い付けを開始するなど、他商社がまだ食い込めていないアフリカで、 “儲けのタネ”の開拓に乗り出している。

 豊田通商といえば、世界各地で主にトヨタなど日系自動車メーカーの販売代理店を中心に展開する商社。各メーカーの新車を販売したり、メンテナンスなどのアフターケアを行ったりすることに強みを持ち、アフリカにおいては、東アフリカ・南アフリカを中心に24ヵ国で代理店を展開している。

 そんな豊田通商が、最近アフリカで力を入れているのが、「中古車」だ。昨年10月には、アフリカ東部のケニアに、初めて「中古車専業店」の豊通オートマートケニアをオープンした。

 豊田通商の服部孝常務取締役は「アフリカの多くの国では、新車は一般の人々にとって簡単に手の届く商品ではない」と、その理由を説明する。

 現にケニアでは、2010年の自動車の登録台数のうち、じつに8割が中古車だった。そこで、まずは中古車で日系メーカーに親しんでもらい、いずれ新車を購入できるくらいに所得が上がった際には、同じメーカーの新車を買ってもらおうという戦略なのだ。

 じつはあまり知られていないが、ケニアは日本と同じ左側通行国。右ハンドルの日本車が親しまれる土壌があり、人気も高い。たとえば、トヨタ車のケニアでのシェアは25%もあり、過去10年1位を保っている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧