ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
出口治明の提言:日本の優先順位

石原氏国政復帰で注目の“第3極”と2大政党制
わが国の政党政治はどこへ向かおうとしているのか

出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]
【第66回】 2012年10月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 10月25日、石原東京都知事は、「たちあがれ日本」(平沼代表)を足場に、石原新党を立ち上げて次回衆院選に臨む姿勢を明らかにし、知事を辞任する考えを示した。石原知事は、「大眼目は官僚の硬直した日本支配を壊していくことだ。原発とか、消費税とか、大事な問題かもしれないが、ある意味ではささいな問題」と述べ、「日本維新の会」(橋下代表)や、「みんなの党」(渡辺代表)との大連合、第3極の集結を呼び掛けた。足元の「たちあがれ日本」をはじめとして、「日本維新の会」や「みんなの党」には、一部、戸惑いが拡がっているという。わが国の政党政治は、一体、どこへ向かおうとしているのだろうか。

第3極がなぜ注目されるのか

 ところで、第3極とは何か。普通に考えれば、2大政党である民主党(野田首相)と自由民主党(安倍総裁)に対峙する政党、即ち、公明党(山口代表)や、国民の生活が第一(小沢代表)、日本共産党(志位委員長)、社民党(福島代表)なども、第3極に含めて考えるべきだが、わが国のメディアは第3極という言葉を、どうやら自民党と長く共闘関係を続けて来た公明党と、日本共産党と社会民主党の左翼2政党を除いて使っているようだ。

 好意的に解釈すれば、それには、既成政党に飽き足らず、わが国を覆う閉塞感を何とか打破したいという願望が、恐らく込められているのだろう。政権を担う力量が不足していると報じられることの多い民主党にも、3年前の総選挙で政権を失った反省が(例えば、候補者の世襲問題等)、ほとんど活かされていないように見受けられる自民党にも、ほとほと愛想を尽かした市民が、両党にお灸を据えたいという気持ちも痛いほどよくわかる。

 しかし、仮に、第3極が大連合して、多数を制したとなれば、この国はどうなるのか。第3極は、参議院でわずか15議席(みんな8、維新4、たちあがれ3)しか持っていないのだ。第3極が、例えどのような政策を打ち出すにせよ、参院で第1党の民主党(88議席)か、第2党の自民党(83席)と組まない限り、何一つ実行できないという冷厳な現実を、私たちは忘れるべきではないだろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

出口治明 [ライフネット生命保険(株)代表取締役会長]

1948年、三重県美杉村生まれ。上野高校、京都大学法学部を卒業。1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当。生命保険協会の初代財務企画専門委員会委員長として、金融制度改革・保険業法の改正に従事。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て同社を退職。その後、東京大学総長室アドバイザー、早稲田大学大学院講師などを務める。2006年にネットライフ企画株式会社設立、代表取締役就任。2008年に生命保険業免許取得に伴い、ライフネット生命保険株式会社に社名を変更、同社代表取締役社長に就任。2013年6月24日より現職。主な著書に『百年たっても後悔しない仕事のやり方』『生命保険はだれのものか』『直球勝負の会社』(以上、ダイヤモンド社)、『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『「思考軸」をつくれ』(英治出版)、『ライフネット生命社長の常識破りの思考法』(日本能率協会マネジメントセンター)がある。

ライフネット生命HP

 


出口治明の提言:日本の優先順位

東日本大地震による被害は未曾有のものであり、日本はいま戦後最大の試練を迎えている。被災した人の生活、原発事故への対応、電力不足への対応……。これら社会全体としてやるべき課題は山積だ。この状況下で、いま何を優先すべきか。ライフネット生命の会長兼CEOであり、卓越した国際的視野と歴史観をもつ出口治明氏が、いま日本が抱える問題の本質とその解決策を語る。

「出口治明の提言:日本の優先順位」

⇒バックナンバー一覧