ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Close-Up Enterprise

大企業再編の呼び水となるか
新日鐵住金という遠大な実験

週刊ダイヤモンド編集部
2012年10月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

大企業同士の合併では、独占禁止法に抵触する怖れにより、動き出す前に諦めてしまうケースがあった。しかしながら、10月1日に誕生した新日鐵住金の事例によって、将来的な生き残りを模索する企業の“選択肢”が増える可能性が出てきた。官民の期待を背負って大海に船出した新日鐵住金と、今後のシナリオを占う。

 かねて「石橋を3回叩いても渡らない会社」と言われて、とかく慎重な姿勢で知られた新日本製鐵だが、今回ばかりは違った。

10月1日、新日鐵住金が発足すると、午後には約4500人の鉄鋼関連商社や問屋などの取引先が挨拶に訪れ、社内のフロアは人でごった返していた
Photo:REUTERS/AFLO

 10月1日、国内首位の新日鐵と同3位の住友金属工業が合併し、新日鐵住金が発足した。この日を境に、互いに100年を超える歴史を持つ老舗メーカーは、着手できなかった営業上の戦略を含めた“融和”に向けて舵を切った。

 長らく低迷が続く鉄鋼業界では、2002年9月に旧NKK(日本鋼管)と旧川崎製鉄が経営統合してJFEホールディングスが誕生した時以来の大型合併である。

 新日鐵住金の宗岡正二会長兼CEOは、合併によって「総合力で世界ナンバーワンの鉄鋼メーカーになる」ことを強調する。一方で、友野宏社長兼COOは、「新日鐵住金として、“Best for the New Company”を判断の基準にして、課題の解決に取り組んでいく」と力を込めて呼応する。

 JFEホールディングスの発足から約10年を隔てて、再び起きた大型合併。奇しくも11年2月に新日鐵と住友金属が最初に経営統合の意思を表明した場所は、01年4月に旧NKKと旧川崎製鉄が統合計画を対外発表した時と同じホテル・ニューオータニで、会場まで同じエド・ルームだった。

 確かに、03年4月のJFEスチール発足は、産業界にも株式市場にも大きなインパクトを与えた。新たに誕生したJFE陣営に対し、新日鐵、住友金属、神戸製鋼所の3社による“ゆるやかな提携”を模索する企業連合が生まれ、国内に五つあった大手高炉メーカーが二つのグループに収斂したことは、転換点となった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


Close-Up Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「Close-Up Enterprise」

⇒バックナンバー一覧