ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【日本生命保険】
民間最大の機関投資家を悩ます
想定外の優良株急落というジレンマ

週刊ダイヤモンド編集部
【第91回】 2012年11月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2012年4~6月期決算で、2260億円超の有価証券評価損を出した日本生命保険。背景には、業界の流れに逆行したともいえる株式保有の堅持路線がある。

 日本生命保険は「日本株式会社の大株主」と言われてきた。

 昔日の存在感は薄れたが、直近で全上場企業3542社のうち、大株主として約700社でトップ10、約300社でトップ5に名を連ねる民間最大の機関投資家であることに変わりはない。だが、その株式運用が目下、「苦しい“ピッチング”を強いられている」(日本生命幹部)。

 2012年4~6月期決算で日本生命は、2261億円という多額の有価証券評価損を計上し、自己資本の一部である危険準備金から1780億円を取り崩した。有価証券評価損の内訳は開示されていないが、その大半を国内株が占めるとみられている。

 もちろん、他の大手生命保険会社も日本生命と同様、4~6月期は小さくない有価証券評価損を計上している。

 とはいえ、日本生命と共に「4大生保」の一角を担う第一生命保険は、4分の1以下の494億円だ。また、明治安田生命保険が432億円、住友生命保険は425億円と、1桁少ない額にとどまった(図(1)左)。

 日本生命だけが突出した理由の一つは、他生保を圧倒する巨大な株式保有だ。一般勘定資産に占める株式保有額は、5兆8369億円と他の大手3社を合わせた額にほぼ匹敵する。一般勘定資産に占める比率でも11.7%を占め、4大生保の中で唯一、1割を超えている(図(1)右)。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月21日号 定価710円(税込)

特集 天才・奇才のつくり方 お受験・英才教育の真実

お受験・英才教育の真実

【特集2】
村田 vs TDK
真逆のスマホ戦略の成否

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧