ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
インキュベーションの虚と実

明確な意図の下に集いゆるやかに連携する
コミュニティを進化させろ!
女性起業家グループ「SPARK!」

本荘修二 [新事業コンサルタント]
【第14回】 2012年11月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

前回は女性起業家の現状について、まだ人数自体が少なく、資金集めや支援を受ける環境も男性の起業家と比べて良くはないが、彼女たちが持ち合わせている高い生命エネルギーと自由さに期待したい、ということを書いた。

 本連載でたびたび、起業家にとってコミュニティの存在が成長に不可欠であると書いてきた。そこで今回は、女性の起業家グループで、筆者がサポーターを務める「SPARK!」を取り上げてみたい。

 SPARK!は、コミュニティという難しくもポテンシャルあるものが、起業家にどうプラスに働くかという、いわば実験である。コミュニティを構成する一人ひとりは、自立した起業家で、お互いの馴れ合いもなく、都合の良い“YESマン”もいない、緊張したバランスに立脚している。固定した組織ではないため、コミュニティというよりは、小さなエコシステムとでも言った方がよいだろう。

 こうした試みとともに、人のつながりがどう発展するか、進行中のストーリーとして読んでいただければ幸いだ。

偶然を起こす場づくり
意外なコンビの誕生

 SPARK!は第10回で紹介した東園絵氏と奥田浩美氏がつながったことから、すべてが始まっている。二人の出会いは、第10回で紹介した勝屋久氏と筆者が2009年から行ってきたBRIDGEというイベントだった。

 この二人はタイプも全く違うし、イベントに参加しなければ出会うこともなかったかもしれない。どうタイプが違うかというと、控えめな東氏と対照的に、奥田氏は「女帝」とまで言われる(参考:スタートアップ・ビギナーの諸君:先ず、『女帝』奥田浩美を攻略せよ | The Startup )。なお、筆者は「女帝」はミスリーディングであり、「魔女」と呼んだ方が適切かと思う。

 奥田氏は、TechWaveでも紹介されている(参考:「この瞬間にもチャンスは何万粒も降ってきている」ウィズグループ・奥田浩美インタビュー【本田】)が、IT系カンファレンスコーディネートのパイオニアであり、同事業を手がける株式会社ウィズグループ代表取締役として活躍しながら、ITコミュニティやスタートアップ企業の支援もしている。加えて、Startup Digestのキュレーターまでも無償で務めており、二足どころか、三足も四足も草鞋を履いている。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

本荘修二 [新事業コンサルタント]

多摩大学客員教授、早稲田大学学術博士(国際経営)。ボストン・コンサルティング・グループ、米CSC、CSK/セガ・グループ会長付、ジェネラルアトランティック日本代表を経て、現在は本荘事務所代表。500 Startups、NetService Ventures Groupほか日米企業のアドバイザーでもある。


インキュベーションの虚と実

今、アメリカでは“スタートアップ”と呼ばれる、ベンチャー企業が次々と生まれている。なぜなら、そうした勢いある起業家たちを育てる土壌が整っており、インキュベーターも多く、なにより、チャレンジを支援する仕組みが存在するからだ。一方の日本はどうなのだろうか。日米のベンチャー界の環境の変化や最新のトレンドについて、25年にわたってベンチャー界に身を置いてきた本荘修二氏が解説する。また日本でベンチャーが育ちにくいと言われる背景を明らかにし、改善するための処方箋も提示する。

「インキュベーションの虚と実」

⇒バックナンバー一覧