――訪ねてきたのが外国人だったから、びっくりしたんでしょうかね?

 わかりません。そう言えば、日本だと、あいさつしても無視されることが多いですね。バングラだったら、あいさつして返事しないことはまずありえないです。あったとしたらこれ、社会問題になるんです。

――社会問題!? そんな重大なことなんですか?

 無視された人が何も言わなくても、たぶん、周りが非常識じゃないかと相手を非難するでしょうね。バングラでは、公園ですれ違った知らない人にもあいさつする。それ、けっこう普通なんですよ。それがきっかけで、会話が始まったりもするんです。バングラデシュ人はもともと話好きですから、気が合うとそのまま延々と立ち話してます。

 喫茶店、って言っても、道端に椅子を並べただけですけれど、そこでみんな、何時間でもしゃべってますね。内容はいろいろです。国の政治がどうだとか、どこの国とどこの国がもめているとか。特に、年配の人たちはそうですね。

 お互いにあいさつし合いますから、顔を知らない人ってあんまりいないんです。

――バングラデシュ人とつきあうならあいさつは基本である、と。

 そう、それさえ気をつけていれば、あとはだいたい問題ないです。バングラデシュ人は外国人に優しいですから、日本人が何かヘンなことをしても、「外国人だからしょうがないな」とわかってくれます。

筆者が勝手にセレクト!
カマルさんからのひとこと指南
「バングラデシュ人を見かけたら、
知らない人でもあいさつしましょう」

(あいさつされて無視すると、社会問題に発展する恐れがあります)