ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
シニアシフトの衝撃 超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法
【第3回】 2012年12月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

スマートシニアが、市場をここまで変える!

1
nextpage

10年間で大きく変わったシニアのネット利用率

 現代は消費行動に及ぼすネットの影響が大きい。実はシニアの消費行動も例外ではない。私は、1999年に東京、名古屋、大阪で、50歳以上の方を対象にネット利用率の調査をしたことがある。その時のネット利用率はたったの3%だった。当時は、50歳以上でも100人に3人しかネットを使っていなかったのだ。

それから13年経過して状況はどう変わっただろうか。2010年12月現在、50代の利用率が88%、60代前半で70%、60代後半で58%、70代で39%まで増えた。あと10年経つと60代後半以上の年齢階層の利用率がもっと上がるだろう。これでおわかりのように、シニアにおけるネット利用率の上昇は時間の問題である。

スマートシニアの増加で、売り手の論理が通用しなくなる

 このように、近い将来はシニアでも大半の人がネットを使って、簡単に手軽に安く情報を入手して賢く消費行動を取る時代になる。私はいまから13年前の1999年9月15日の『朝日新聞』で、ネットの時代の新たな高齢者像である「スマートシニア」というコンセプトを提唱した。

スマート(Smart)には、「痩せる」という意味はない。スマートとは「賢い」という意味だ。だから、スマートシニアとは「賢いシニア」のことである。13年前の私の定義では「ネットを縦横に活用して情報収集し、積極的な消費行動を取る先進的な高齢者」のことだ。

IT機器が普及すると市場の情報化がどんどん進んでいく。すると、市場がガラス張りになり、商品の売り手はごまかしが利かなくなる。ネットで見れば、ほとんどのモノが、どこで、いくらで売られているかがわかってしまう。

こうして、市場はそれまでの「売り手市場」から「買い手市場」に変わっていく。情報武装したスマートシニアが増えることで、シニア市場もどんどん「買い手市場」になっていくのだ。その結果、従来の売り手の論理が通用しなくなる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
どうすれば、売れるのか?

どうすれば、売れるのか?

木暮太一 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
売れるものには、法則がある!ヒット商品・話題のサービス、人気コンテンツ、行列のできる店…似たように見えるのに、なぜ売れるものと売れないものがあるのか?著書累計150万部、リクルート×サイバーエージェント×富士フイルムで学んだ、センスに頼らず、繰り返し人の心を動かす究極のメソッド。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、4/16~4/22)



村田裕之 [村田アソシエイツ株式会社代表取締役/東北大学特任教授]

新潟県生まれ。1987年東北大学大学院工学研究科修了。日本総合研究所等を経て、02年3月村田アソシエイツ設立、同社代表に就任。06年2月東北大学特任教授、08年11月東北大学加齢医学研究所 特任教授、09年10月に新設された東北大学加齢医学研究所スマートエイジング国際共同研究センターの特任教授に就任。エイジング社会研究センター代表理事。わが国のシニアビジネス分野のパイオニアであり、高齢社会研究の第一人者として講演、新聞・雑誌への執筆も多数。
 


シニアシフトの衝撃 超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法

いま、産業界では「シニアシフト」が加速している。「シニアシフト」は世界的な時代の流れであり、待ったなしである。会社の長期にわたる持続的な成長のためにも、この動きに乗り遅れることなく、いますぐアクションを取ることが大切だ。

「シニアシフトの衝撃 超高齢社会をビジネスチャンスに変える方法」

⇒バックナンバー一覧