ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【三菱東京UFJ銀行】
好調な海外業務の裏に隠れた
国内部門の凋落と営業力の低下

週刊ダイヤモンド編集部
【第96回】 2012年12月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

海外での貸し出し増に熱を上げ、国内の中小企業向け融資に消極的な姿勢を取る三菱東京UFJ銀行。合理的ともいえる経営方針が、逆に営業力の低下という負の側面を顕在化させ始めた。

 経営と現場の意識の乖離──。

 業界トップの三菱東京UFJ銀行(BTMU)では今、経営陣と営業店の行員の間で、見えない溝が静かに広がり始めている。その溝の深さを最も感じ取れるのが、国内の法人部門だ。

 今年3月末の融資残高は、55兆円で3年前に比べ5兆円近く減少するじり貧の状況にある(図(1))。そこで、経営陣が各営業店に指示しているのが「活動時間の捻出」。コンプライアンス意識の高まりで、営業資料の作成などデスク業務ばかりに時間を取られる中、事務を効率化し、営業に費やす時間と訪問先を増やして実績を出せという意味だ。

 そうした指示に、「本当に意味があるのか」と不満を持つ行員は少なくない。経営陣が本気で国内でリスクを取り、中小企業向け融資などの増加につなげようとは考えていないことを、現場の行員は見透かしているからだ。

 たしかに、BTMUの決算を見ても国内の法人部門をてこ入れしようという意気込みは伝わってこない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧