ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!Ⅱ」思考停止のニッポンをぶった切る

選挙後の今こそ考えたい
日本の“顔”を世界に示し責任的欲求を満たす3つの論点

加藤嘉一
【第13回】 2012年12月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

外国人から見た日本人像は70年前止まり?

 2012年12月17日、衆議院選挙投開票日の翌日――。

 今こそ想い、考えることを綴りたい。

 昭和59年生まれの私はポストバブル世代として生き続けることを運命づけられている。“ポストバブル世代”とは、「生まれ育った国で、元気になるようなニュース、外国の人たちに伝えたいと思えるニュース、未来に希望を見出せるようなニュースを聞いたことが、感じたことが、見出したことがほとんどない世代」だと私は定義している。

 同世代の皆さんはそういうニュースを聞いたことがあるだろうか? 私は高校卒業まで一切なかった。

 「日本はそんなにダメな国家なのか?」と甚だ疑問に感じていた。

 「自分が生まれ育った故郷って、実際、外の世界から見てどうなの?」という好奇心に駆られて、18歳で日本を飛び出し、中国に赴いた。北京という、おそらく現在世界で最も注目されている、発展途上でダイナミックに変化する都市で、約9年間祖国を眺め、思索を巡らせてきた。

 2005年4月。北京で起こった反日デモの現場で、いま何が起きているのかをこの目に焼き付けようと、取材した。

 デモ隊は「小泉靖国参拝反対!」、「釣魚島は中国の領土だ!」、「日本は歴史を改ざんするな!」、「日本常任理事国入り反対!」などの横断幕・スローガンを掲げる一方で、日本のデジタルカメラで楽しそうに写真を撮っていた。

 この取材をきっかけに、自称“反日屋”の自宅にお邪魔する機会を得た。驚いたことに、家具はすべて日本製だった。

 北京大学国際関係学院で受講していた必修科目「国際組織」の授業内容が、「日本は国連常任理事国に入るべきか?」に変更されたことがあった。周りに座っているのは中国の将来を左右するかもしれないスーパーエリートたちだ。反対する学生がほとんどだったが、皆理性を失わず「歴史に真摯に向き合わずしてアジア諸国の賛同は得られない」と主張していた。

 なかには日本の常任理事国入りに賛成する者もいた。一人のクラスメートが提起した理由は「日本が国連で影響力を拡大することはアジアの復興にとってプラスになる。今の中国には、一国でアジアをリードしていく力も余裕もない」というものだった。

 街角にある本屋に足を運んでみると、日本関連の書籍がフィクション・ノンフィクションにかかわらず、目立つように並んでいた。複数の書店で店員に日本関連の書籍の売れ行きについて聞いてみると、「最近、よく売れるんですよ」と口を揃えていた。

 興味深かったのが、どの書店に行っても『菊と刀』(ルース・ベネディクト著)が目につく位置に並べられていたことだ。第二次世界大戦中、日本人の思考回路や行動規範を分析するために執筆・出版された書物は、「菊の優美と刀の殺伐」に象徴される日本文化の核心を突いたとして、多くの読者に語り継がれてきた。

 私の知る限り、中国人が今に至っても「日本を知るための最良のテキスト」としているのが、この約70年前に出版された、アメリカ人によって書かれた『菊と刀』である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
「われ日本海の橋とならん」(ダイヤモンド社)

人の波がぶつかりあい、時代のエネルギーが炸裂する。アジアでいちばん激しく、生命力があふれた国、中国。その中国で「もっとも有名な日本人」となった著者が、内側から見た人にしかわからないリアルタイムの中国を語ります。そこから見えてくるのは、中国、日本、世界の現在。日本は、そして日本人は、これからいったいどこへ向かえばいいのか。私たちの課題もみえてきます。

話題の記事

加藤嘉一 

1984年生まれ。静岡県函南町出身。山梨学院大学附属高等学校卒業後、2003年、北京大学へ留学。同大学国際関係学院大学院修士課程修了。北京大学研究員、復旦大学新聞学院講座学者、慶應義塾大学SFC研究所上席所員(訪問)を経て、2012年8月に渡米。ハーバード大学フェロー(2012~2014年)、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院客員研究員(2014〜2015年)を務めたのち、現在は北京を拠点に研究・発信を続ける。米『ニューヨーク・タイムズ』中国語版コラムニスト。日本語での単著に、『中国民主化研究』『われ日本海の橋とならん』(以上、ダイヤモンド社)、『たった独りの外交録』(晶文社)、『脱・中国論』(日経BP社)などがある。

 


加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!Ⅱ」思考停止のニッポンをぶった切る

「だったら、お前がやれ!」

 この言葉が意味すること、それは「対案の無い無責任な批判はするな」ということだ。「自分はどう考えるのか」、そして「自分は具体的にどのような行動をとるのか――」。何かに意見するとき、加藤氏は必ず自らに問いかける。加藤氏の行動規範としているものだ。
日本社会に蔓延る無責任な論評を、加藤氏の視点で切り込み、加藤氏なりの対案や考え方を示してきた本連載のシリーズ第2弾。2012年8月に加藤氏が拠点を中国北京から、米ハーバード大学ケネディースクールへ移し、新たなチャレンジをスタートさせる。2012年4月から8月までの第1弾とはひと味違う、加藤氏の言葉をお届けする。

「加藤嘉一の「だったら、お前がやれ!Ⅱ」思考停止のニッポンをぶった切る」

⇒バックナンバー一覧