ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

中国攻略でHPからの首位奪回を狙うデルの勝算

週刊ダイヤモンド編集部
2007年12月21日
著者・コラム紹介バックナンバー

 パソコン(PC)業界の巨人、米デルが中国市場で大攻勢に出る。このほど、現在45都市に展開している販売拠点を、今後3年以内をメドに、1000都市まで拡大するというアグレッシブな計画が明らかになった。

 今年に入って、同社の中国での拡大路線は急加速している。まず3月に、同社としては初めて、中国市場に特化した低価格帯のデスクトップPCを投入。この8~10月期の出荷台数は前年同期比26%増と好調に推移している。近日中に、中国市場を狙った薄型・軽量のノートPCも投入する。

 また、9月には中国最大の家電量販店である国美電器と提携。すでに大都市を中心に120店舗で販売を始めており、来年の春先までに300店舗まで広げる計画だ。

 デルが中国における事業拡大を急ぐ理由は2つある。

 まず、市場の成長性の高さだ。2006年の中国市場のPC出荷台数は約3700万台と日本市場の2.5倍強で、前年比20%近く伸びた。2011年には8000万台を超えるといわれており、いずれ世界最大規模の市場になることは間違いない。

 もう1つ、デル特有の事情も同社の中国展開を加速させている。これまで同社は、ダイレクトモデル(電話やインターネットによる直販方式)にこだわってきたため、それがなじまない中国市場で出遅れていた。将来、世界最大規模となる市場で、これ以上後れを取ることは致命傷となる。その焦りが、デルを駆り立てているのだ。

 次々と施策を打ち出している同社だが、中国市場攻略のハードルは高い。特に、小売りチャネルの拡大は、ダイレクトモデルを貫いてきた同社にとっては未知の領域である。いずれ1000都市に広がる販売拠点の末端まで、在庫管理と価格管理を徹底させることができるのか。課題は山積している。

 先月発表された2007年8~10月期の決算は、2四半期連続で増収増益となり、業績は回復基調に乗った。次に目指すのは、米ヒューレット・パッカードにさらわれた世界シェア首位の座の奪回だろう。中国市場での店舗販売の成否が、そのカギを握っている。
(『週刊ダイヤモンド』編集部 前田 剛)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧