ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
テーマで読み解く2013年の課題と展望
【第4回】 2013年1月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
桃田健史 [ジャーナリスト]

【テーマ3】自動車産業
2013年、世界の自動車産業は「市場変移」
「電動化」「通信との融合」の三大要素で異変か
――ジャーナリスト 桃田健史

1
nextpage

 史上空前の大変革期の真っ只中にある、世界の自動車産業。
 そのメインストリームのなかには、大きく3つの要素がある。
 それは、パラダイムシフト(市場の変移)、エレクトリフィケーション(動力源の電動化)、そしてテレマティクス(通信と自動車の融合)だ。

 2013年は、これら三大要素で異変が起こる。

パラダイムシフト第2ステージの主役は
アジア大洋州、とくに「CLM」に熱い視線

 

パラダイムシフトとは、日米欧から新興国への市場シフトのことだ。2013年は第二ステージとして日本からASEANを中心としたアジア大洋州へのシフトが加速 (c)Kenji Momota
拡大画像表示

 日米欧からBRICsへ。これが2000年頃から表面化したパラダイムシフトの第1ステージだ。

 その第2ステージとして、日本からASEANへの動きが活発化している。

 なかでも、CLMに日本企業の期待が高まっている。CLMとは、カンボジア、ラオス、そしてミャンマーを指す。3ヵ国の人口8408万人、GDP規模726.8億米ドルだ。

 日系大手自動車メーカーの関係者は「製造拠点の進出の可能性についてなど、最近ミャンマーに対する問い合わせが多い」と語る。

 さらには、CLMの人口4.2倍の3億5000万人、GDP規模は同5.2倍の3800億米ドルにあたる南西アジア(バングラデシュ、パキスタン、スリランカ)にも日本企業は熱い視線を送っている。この領域は、インド、ASEAN、オセアニアを含み、アジア大洋州と呼ばれFTA(自由貿易協定)に積極的だ。

 筆者も参加したJETRO(日本貿易振興機構)の南西アジア市場への投資・進出説明会(2012年12月・東京)は、当初の参加予定数を大幅に上回る盛況だった。

 とはいえ、自動車産業におけるASEAN市場は当分、タイとインドネシアのツートップ体制が続く。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

underline

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


テーマで読み解く2013年の課題と展望

昨年末、日本では自民党・公明党が政権を奪還し安倍内閣が発足。中国では習近平体制へと移行し、韓国でも朴槿惠新大統領が指揮を執る。日本を取り巻く環境が未だ視界のはっきりしない中スタートした2013年は、どのような年になるのか。重要テーマごとに、課題と展望を探る。

「テーマで読み解く2013年の課題と展望」

⇒バックナンバー一覧