ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

車の中の時間を何に使わせるのか
全自動運転の先に見えるもの
【週刊ダイヤモンドCES2013 特別レポート(6)】

週刊ダイヤモンド編集部
2013年1月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 もう車は運転しなくてもいい──?

トヨタ自動車が出展した全自動運転ができる実験車

 家電が主役の国際家電見本市「International CES」で、すっかりおなじみになったのが、自動車関連の出展だ。今回は自動車大手のトヨタが全自動運転の実験車を披露し、注目を集めた。

 トヨタの実験車は、高級車「レクサス」をベースに開発。車の前後や天井に取り付けたカメラやセンサーなどで、人や物体、信号などの周囲の状況を把握して運転する。公道での実験走行も米国ではすでにスタートしており、実験走行の様子の一部はネットでも公開された。CESの会場では実験車の展示だけで車を走らせることはなかったが、多くの来場者が興味深そうにながめていた。

 今回の展示について、トヨタ幹部は「ドライバーの安全な運転を支援する」と語り、自動車の安全性向上につながる点を強調。実用化の時期は「未定」と説明した。

 独アウディも自動運転で車を停めてくれる駐車システムを発表。車から降りてスマートフォンを操作すると、自動的に駐車場の空きスペースを探して止めてくれる。出かけたいときも、スマホを操作するだけでエンジンがかかり、駐車スペースから車を自動で出してくれるスグレモノだ。また、アウディは自動運転車を使った公道実験をスタートさせることも明らかにした。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧