ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
デジタル流行通信 戸田覚

テレビパソコンに新時代!
映像に革命を起こす「SpursEngine」

戸田 覚 [ビジネス書作家]
【第36回】 2008年7月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「ダビング10」がスタートし、北京オリンピックも迫っているこの夏。液晶テレビやレコーダー同様に、PCメーカー各社も力を入れたテレビパソコンのニューモデルを発表している。なかでも興味深いのが、東芝が新しく開発し、今シーズンから新LSIを搭載した映像エンジン「SpursEngine」(スパーズエンジン)だ。

SpursEngine SE1000
新LSIを搭載した画期的映像エンジン「SpursEngine SE1000」。これまでCPUやGPUが行なっていた画像処理を代わりに受け持ち、負担を軽減する。

 これまで、パソコンには心臓部といえるCPU(中央演算処理装置)に加え、主に画像を処理するためのGPU(画像処理回路)が搭載されていた。通常の使用環境ならこの2つがあれば何の問題もないのだが、地デジなどのヘビーなハイビジョンコンテンツの処理は、やや荷が重い。

 最近だいぶまともになってきたが、地デジの表示や録画の際のレスポンスがいまいちだったり、他の処理を同時に行なうとコマ落ちが発生するなど、テレビパソコンはレスポンスが気になることが多い。

 そこで東芝が搭載したのが、「SpursEngine」。パソコンにとっては、いわば「第3のエンジン」だ。SpursEngineが画像の変換などHD映像の処理を受け持つことで、CPUとGPUの負荷が減る。SpursEngineには、ソニーらと共同で開発したCellの技術が採用されている。簡単に言えば、「プレイステーション3」の映像エンジンがパソコンに組み込まれているようなものだ。もちろん、ノートパソコンに組み込むために、消費電力を押さえつつ、性能をスポイルしない工夫も行なっている。

 難しい話はさておき、結果としてどんなメリットがあるのかをチェックしよう。今シーズンに登場した最新の「Qosmio」に搭載されている主な関連機能は4つだ。

痒いところに手が届く!
「SpursEngine」の主な機能

・番組圧縮

 地デジの番組を録画しながら、リアルタイムで圧縮できる。つまり、デジカメの画質選択のようなことができるのだ。画質をやや落としながら、データ容量を抑える変換がリアルタイムでできるのが、かつてなかった機能だ。例えば、「EPモード」では、SD画質に変換されて容量は約8分の1になる。また、DVDに書き込む際のエンコード時間も短くなった。

・高画素化変換

 DVDなどのビデオ映像をアップコンバート(高画素化変換)して、よりくっきり見せる。デジカメでいうシャープネス的な処理を施す。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

戸田 覚[ビジネス書作家]

1963年東京生まれ。ビジネス書作家、コンサルタント。株式会社アバンギャルド、有限会社戸田覚事務所代表取締役。ハイテク、パソコン、成功する営業のコツ、新商品開発、新事業開発といったテーマを中心に、執筆、出版プロデュース、講演、コンサルティングに携わる。ビジネス誌、パソコン誌、情報関連雑誌をはじめとして多数の連載を抱える。
著書に『あのヒット商品のナマ企画書が見たい!』『プレゼンの極意を盗め!』(以上、ダイヤモンド社)、『すごい人のすごい企画書』(PHP研究所)、『仕事で使える!クラウド超入門』(青春出版社)、『LinkedIn人脈活用術』(東洋経済新報社)など多数がある。
著者ブログ:http://www.toda-j.com/weblog/
株式会社アバンギャルドHP:http://www.avant-garde.jp/


デジタル流行通信 戸田覚

PC、携帯、家電、ウェブ、ITサービス、ITソリューションなど、デジモノ&IT全般にかかわる最新トレンドを、ビジネス作家・戸田覚が毎回鋭い視点でレポートしていくコラム。

「デジタル流行通信 戸田覚」

⇒バックナンバー一覧