ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise
【第813回】 2013年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

耳鼻科でなじみの花粉症薬が
大衆薬として続々登場

2月からは医療用医薬品の鼻炎薬「ジルテック」の大衆薬が薬局・薬店で買える

 花粉症治療薬をめぐる薬局・薬店での販売商戦が激しさを増す。今年の花粉シーズンから、耳鼻科などの医療機関で長年処方されてきた鼻炎用内服薬(抗アレルギー薬)が続々と大衆薬へ転用され、処方箋なしでも薬局・薬店で購入できるようになったのである。

 転用ラッシュの火ぶたを切ったのは2011年10月にエスエス製薬が大衆薬として発売した「アレジオン10」。続いて12年11月に久光製薬が医療用医薬品「アレグラ」を大衆薬に転用して「アレグラFX」を発売した。

 さらに今年2月1日、医療用医薬品「ジルテック」を大衆薬に転用してグラクソ・スミスクラインが「コンタック鼻炎Z」、佐藤製薬が「ストナリニZ」をそれぞれ発売した。

 これらの抗アレルギー薬は抗ヒスタミン薬の中で“第2世代”と呼ばれるもの。その多くは古い世代の薬に比べて眠くなりにくく、1日1回の服用で済むといった特徴を持つ(アレグラFXの場合、1日2回の服用)。

 医療用医薬品を大衆薬に転用すると「第1類医薬品」に分類され、薬剤師による対面販売が義務付けられる。このため、販売機会の損失につながりやすく、「値崩れはしにくいが、大量には売れない」(製薬会社幹部)というのが業界の常識だった。

 しかし、抗アレルギー薬に限ってはその常識が打ち破られた。昨年3月の花粉シーズンピーク時に「アレジオン10」の鼻炎薬市場シェアは14.5%に達し、大正製薬の「パブロンシリーズ」に次ぐ、2位に躍り出た。

 鼻水や鼻づまりを治す抗アレルギー薬は利用者が効果を実感しやすく、大衆薬向きともいえる。

 10年1月から12年末までに医療用医薬品から大衆薬へ転用された17の薬のうち、九つが抗アレルギー薬。大衆薬への転用が検討されている抗アレルギー薬はまだまだあり、今後も店頭のラインアップが増えていくはずだ。

 (「週刊ダイヤモンド」編集部 山本猛嗣)

週刊ダイヤモンド

Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年4月26日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

ソニー消滅!!

      
  • Prologue 消えるのはソニーか? 延命経営か?
  •   
  • Part 1 ビジョンなき“延命経営”の果て
  • 1兆円を生む“錬金術”の頓挫 ソニー生命吸収計画の全内幕
  • Interview 井原勝美●ソニーフィナンシャルホールディングス社長
  • Column ソネットに巨額の“埋蔵金” 1600億円捻出の真相
  • エレキの赤字穴埋めに消えるソニー創業の地と保有資産
  • 米国直営20店舗も一斉閉店 VAIO撤退で広がる悲劇
  • Column 人材流出で電池事業が弱体化 売却めぐり方針も二転三転 
  • Part 2 “平井ソニー”が問われる戦略と経営責任
  • 後追いする“モルモット” 明暗分かれたソニーとパナ
  • 居座り派vs改革派 経営中枢全人脈
  • Interview 平井一夫●ソニー取締役、代表執行役社長兼CEO
  • Part 3 ソニーの命運を握った男たちの素顔
  • 未来志向に生まれ変わるか 「異色コンビ」が挑む本社改革
  • Column 銀行の免許ください! 異端児たちの創業物語
  • Column スマホ事業はギャンブル!? 収益多様化が安定の鍵
  • 現場レポート “ソニーの遺伝子”が生み出すイノベーション
  • Column 世界最高の「電子の目」でアップル向けも倍増
  • Interview 鈴木智行●ソニー執行役EVP(コーポレートR&D・デバイス事業担当)
    • Epilogue “ヤメソニー”が語り継ぐものづくりの魂
  •   
  

underline

週刊ダイヤモンド1冊購読

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧