ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
心がスーッと軽くなる! いやな気持ちを「手放す」技術
【第1回】 2013年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
カナン

怒りや悲しみ、不安を「手放す」ことの意味

1
nextpage

苦く悲しい経験を乗り越えたい、怒りを忘れたい、不安をなくしたい…そんな誰もが感じる“いやな気持ち”は、心にまとわりついて、なかなか忘れられないものです。でも、それを忘れたり無理に取り除くのでなく、意識的に、しかも自然に「手放す」ことができたら?それには、考え方のコツがあるのです。

 終わりの見えない仕事や、ややこしい人間関係、つらい記憶やトラウマーーこれらの問題は、挙げればきりがありません。苦く悲しい経験を乗り越えたい、怒りを忘れたい、不安をなくしたいという気持ちは、誰もが抱えるものです。

 あなたも日常生活のなかで、次のように感じることはありませんか?

 「仕事が多すぎる。新しいスタッフを雇って仕事をまかせないと、このままでは倒れてしまう」

 「ひとりになりたい。どこか南の島へでも行って、日常を忘れてのんびりしたい」

 「義理の両親や親せきが、子どもの育て方についていろいろ口出しをしてくる。腹立たしいけれど、何も言えない」

 「友人に言われたひとことが、どうしても許せない」

 このほかにも、長く抱えている感情や記憶の中には、実は手放したほうがよいことに気づかないものすらあります。

 「手放す」というと、いらないものを取り除いたり、やめたりすることだと思われがちですが、それだけではありません。「手放す」とは、無理をせず、ものごとを自然にまかせることです。

 秋になると、木々は葉を落とします。一枚一枚の葉は枯れ、枝は生気を失ったかのように見えますが、それは春に新しい葉が芽吹くための準備にすぎません。そして、落葉と芽吹きを何度も繰り返しながら、木は大きく育っていきます。役目を終えた葉を手放すことは、木々にとって特別なことではありません。

 動物も人間も、食べものを消化して老廃物を排泄します。このプロセスが滞ると、さまざまな病気や不調の原因になるばかりでなく、美味しいものを食べる喜びもなくなってしまいます。「デトックス」という言葉をよく耳にしますが、わざわざ機械や人の手を借りて解毒しなくても、私たちの身体には代謝や排泄という手放すシステムが本来備わっているのです。

 つまり、手放すことは、植物や動物にとっても、私たち人間にとっても、ごく自然なことなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


カナン [インド中央政府公認ヨガ教師]
インド中央政府公認ヨガ教師。インド政府機関BSS認定アーユルヴェーダ・セラピスト。インターナショナル・ヨガ・アカデミー認定ヨガ教師。シヴァナンダ・ヨガ・アシュラム認定ヨガ・アーチャリヤ(マスター)。ヨガ・ヴィディヤ・アシュラム認定ヴィディヤ・シュリ(指導者)。2001年より、ヨガ教育機関サットグル・ヨガ・アシュラムで修行を積む。数々のヨガ競技会での優勝・受賞歴を持ち、審査員としても招聘される。2009年より、大手町・丸の内・有楽町エリア全体をキャンパスとする市民大学『丸の内朝大学』講師。Yoga with Kannan(http://www.kannanyoga.com/)主宰。インド、日本を拠点に、ヨガ・スクール、高等学校、テレビ番組等にてヨガ指導に携わる。


心がスーッと軽くなる! いやな気持ちを「手放す」技術

知らないうちに私たちが縛られている、過去の体験による怒りや悲しみ、快楽への欲望や執着、未来に対する不安や恐れ、自分や他者に対する期待などがあります。それら一切を「手放す」ための思考法は、ある種の“技術”として誰にでも体得できます。ヨガの哲学をベースとしたその「手放す」技術を、全5回でお届けします。執着を手放して思考が自由になれば、口にする言葉は前向きになり、行動に無駄がなくなります。ぜひ体感してみてください!

「心がスーッと軽くなる! いやな気持ちを「手放す」技術」

⇒バックナンバー一覧