ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
心がスーッと軽くなる! いやな気持ちを「手放す」技術
【第4回】 2013年2月21日
著者・コラム紹介バックナンバー
カナン

目的や目標は「ゴール」でなく
不安を手放すための「道しるべ」

1
nextpage

私たちは、目指している目的や目標を達成できるかどうか、かえって強いプレッシャーを感じて不安に駆られることがあります。確かに仕事上やスポーツのトレーニングでは、明確な目的意識を持つことで、効率よくパフォーマンスを上げられることがあります。でも、目標や目的は、ゴールではなく道しるべとして定め、不安を手放すためにこそ、役立てるべきなのです。

目標という名の欲望

 私たちが根拠のない不安にさいなまれるとき、そこには「目的」や「目標」という名の欲望が関わっていることがしばしばあります。

 「司法試験に受かるだろうか、落ちるのではないか。」

 「プレゼンテーションが成功するだろうか、失敗したらどうしよう。」

 「次の試合で勝てるだろうか、負けたくない。」

 ビジネスやスポーツにおいては、測定可能な目標を設定することし、目標を達成するために努力することは、当然と考えられています。実際に、目標を達成したかどうかで評価されるのも一般的です。おかげで私たちは、日々、上記のような心配ごとに悩まされています。

 たしかに、明確な目的意識を持ってはたらくことで、効率よく、高いパフォーマンスをあげられることも多いでしょう。けれども、目標を達成しなければならないというプレッシャーが強すぎると、不安や焦りも大きくなり、そのために心と身体が自由でなくなって、かえって能力を十分に発揮できないこともあります。

 この連載の第1回で、手放すことは、目標達成のための手段だと書きました。言い替えるならば、目標や目的は、迷いをなくし、不要なものを手放すためにこそ、役立てるべきなのです。

 ところで、私たちが、仕事の成功、ゲームの勝利といった目標の達成をとおして、得ようとしているものは何なのでしょうか?報酬、自信、達成感などの結果を求めているとしたら、それらを手に入れることに、どんな意味があるというのでしょうか?

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


カナン [インド中央政府公認ヨガ教師]
インド中央政府公認ヨガ教師。インド政府機関BSS認定アーユルヴェーダ・セラピスト。インターナショナル・ヨガ・アカデミー認定ヨガ教師。シヴァナンダ・ヨガ・アシュラム認定ヨガ・アーチャリヤ(マスター)。ヨガ・ヴィディヤ・アシュラム認定ヴィディヤ・シュリ(指導者)。2001年より、ヨガ教育機関サットグル・ヨガ・アシュラムで修行を積む。数々のヨガ競技会での優勝・受賞歴を持ち、審査員としても招聘される。2009年より、大手町・丸の内・有楽町エリア全体をキャンパスとする市民大学『丸の内朝大学』講師。Yoga with Kannan(http://www.kannanyoga.com/)主宰。インド、日本を拠点に、ヨガ・スクール、高等学校、テレビ番組等にてヨガ指導に携わる。


心がスーッと軽くなる! いやな気持ちを「手放す」技術

知らないうちに私たちが縛られている、過去の体験による怒りや悲しみ、快楽への欲望や執着、未来に対する不安や恐れ、自分や他者に対する期待などがあります。それら一切を「手放す」ための思考法は、ある種の“技術”として誰にでも体得できます。ヨガの哲学をベースとしたその「手放す」技術を、全5回でお届けします。執着を手放して思考が自由になれば、口にする言葉は前向きになり、行動に無駄がなくなります。ぜひ体感してみてください!

「心がスーッと軽くなる! いやな気持ちを「手放す」技術」

⇒バックナンバー一覧