ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!
【第6回】 2013年2月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

会計本を読んでも、
B/Sが読めない理由

1
nextpage

これまで「経理と会社経営」のお話をさまざまな角度からしてきました。さて、本日のテーマは「会計」です。多くの経営者の方が苦手意識を持っている「B/S」に触れていきたいと思います。「なぜ、B/Sはわかりにくいのか?読めないのか?」。そんな疑問にお答えいたします。

「B/Sは難しそうだし、
人に任せっきり」ではダメ!

 これまで「経理と会社経営」のお話をさまざまな角度からしてきました。さて、本日のテーマは「会計」です。多くの経営者の方が苦手意識を持っているかと思いますが、少しでもお力になれればと思っております。

 B/SとP/L。「知らない」という方はいらっしゃらないと思います。しかし、「普段はP/Lしか見ていない」「B/Sは難しそうだし、経理担当者に任せっきり」という方が多いのではないでしょうか。

 会社の数字を把握するには、「試算表」を退治しなければいけません。皆さまが毎月見ているB/S、P/Lのことです。この試算表、非常に読みにくく、決算書・会計の勉強をしようとして、ここで挫折した方も多いかと思います。ここからは、その挫折の最大の原因であるB/Sを攻略していきます。

 そもそも、試算表とはどういったものなのでしょうか。なぜ読みにくいのでしょうか。「試算」の名の通り、もともとは数字をチェックするための表なのです。業績を把握する、数字を分析するために作られたものではありません。チェックするための表が、そのまま提出されているというのが現状です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!

「経理なんてお金にならない」と、思ったことはありませんか? 残念ながら、それは間違いです。あまり知られていないことですが、経理とは「経営管理」の略称であり、経営の舵とりを手助けするものです。イメージとしては、会社の「お金」「会計」「税金」のバランスをとるものだと考えて下さい。営業やビジネスモデルの構築が、経営の「攻め」だとすれば、経理は「守り」 です。本連載を通して、会社の「守り」を固めましょう!

「社長! 「経理」がわからないと、あなたの会社潰れますよ!」

⇒バックナンバー一覧