ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法

10秒間の勉強でOK
――「野口式『超』中国語読解法」のマジック

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]
【第15回】 2013年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 以下に述べるのは、「10秒間勉強するだけで、中国語が読めるようになる」という方法である。

 「そんなのはマユツバだ」と感じられる読者が多いと思う。世の中には「3日勉強すれば英語ができる」という類の本が沢山あるが、それと同類、あるいはもっとひどい内容だろうと感じられるかもしれない。

 しかし、そうではないのである。これは、日本語と中国語の関係が特殊であることを利用した合理的な方法なのだ。「論より証拠」を後でお見せするが、その前に、数十年前の思い出について述べたい。

『でる単』の哲学とは

 『でる単』という受験参考書があった。これは、『試験にでる英単語』(森一郎著、青春出版社刊)ということで、大学入試に出る頻度が高い英単語をまとめたものだ。ある世代の人なら、大学受験の勉強で、必ず利用しただろう。発行部数が1500万部以上という超ベストセラーだ。

 この本の基本哲学は、「入試に出る英単語の頻度は、ソーンダイク頻度表にある一般会話の頻度とは違う」というものだ。大学入試問題の出題者は大学の教師であって、一般より知的水準の高い本を読んでいる。だから、彼らが作る入試問題に出る単語も、バイアスがかかっている。一般英語より水準が高い単語が多い。そこで、「バイアスのかかった勉強をしよう」というのが基本的な考えだ。

 そのとおりだ。私は「単語を覚えることによって英語を勉強する」という考えには反対なのだが、「一般の英語と入試の英語は違うものだ」という観察には賛成である。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

野口悠紀雄 [早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問]

1940年東京生まれ。63年東京大学工学部卒業、64年大蔵省入省、72年エール大学Ph.D.(経済学博士号)を取得。一橋大学教授、東京大学教授、スタンフォード大学客員教授、早稲田大学大学院ファイナンス研究科教授などを経て、2011年4月より早稲田大学ファイナンス総合研究所顧問、一橋大学名誉教授。専攻はファイナンス理論、日本経済論。主な著書に『情報の経済理論』『財政危機の構造』『バブルの経済学』『「超」整理法』『金融緩和で日本は破綻する』『虚構のアベノミクス』『期待バブル崩壊』等、最新刊に『仮想通貨革命』がある。野口悠紀雄ホームページ

------------最新経済データがすぐわかる!------------
『野口悠紀雄 使える!「経済データ」への道』


中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法

多くの日本企業が中国関連事業を将来の事業計画の中核に据えている。したがって、中国に関する情報の入手はこれからのビジネスマンにとって重要な課題だ。本連載では、中国語ができなくても、中国語で中国の情報を収集するノウハウを提供する。 

「中国語ができなくても大丈夫 野口悠紀雄の中国経済統計「超」読解法」

⇒バックナンバー一覧