ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

「昼食代500円未満」時代の救世主!?
安くて簡単おいしいお弁当の作り方

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
【第20回】 2013年3月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「料理が好きだから」
 「安上がりだから」

 それだけの理由で、職場に自分で作ったお弁当を持参する人はさほど多くない。料理が好きでも、平日の昼食は仕事の一部、流れ作業のようなものだろうし、安くあげたいだけなら、カップ麺ひとつですませれば良い話だ。その中で、あえて弁当を手づくりするメリットとは?

 そこには、外食や中食で不足しがちなビタミン、ミネラルを補って体の疲れを取ること以上に、混雑する食堂やコンビニでの購買というストレスから解放され時間を有意義に使える、忙殺されがちな職場で自分時間を取り戻せる、というメリットがある。長時間労働の中での貴重な昼休み。実は休むというより疲れることをしている…という人が少なくないのではないだろうか。その一方でお弁当を持参すれば、デスクで休みたい人は休めるし、仕事をしたい人は仕事ができるのだ。

お弁当作りのために
早起きはしなくてもいい!?

 そうしてせっかく生む時間を、作る時間で帳消しにしないよう、お弁当作りの時間はできるだけ短縮したい。同時に、お弁当を作るというより、多忙な中で料理を続けるポイントは、頑張りすぎないこと、に尽きる。頑張ってつくる料理が一品あったら、あとは混ぜるだけ、焼くだけ、という手間のかからない料理を選んだ方が良いし、そういった料理は、調味料をそんなに使わずカロリーオフになったり、加熱時間が短くてビタミンの損失が少ない、といったメリットもある。手間がかからない=手抜き=悪いこと、ではない。また、ちょっとくらい見た目が悪くてもカバーしてくれるくらいのお弁当箱やお皿(値段とは関係なく、センスとして)を使うのもおすすめだ。

 6時には起きて30分後には家を出なくてはいけない早起きさんも、朝、ちょっとでも多く寝ていたい人も、皆、お弁当単体で作るより、自宅でのごはんの延長線上として考えると良いだろう。その方がはるかに楽だし、時間が短縮できる。その上、何食分かをまとめて作ることで、食材が中途半端に残ってしまうのを防げるし、光熱費の面でも効率的。なにより、疲れて買い物をする気力もなかった日に、帰ってすぐに、簡単でも食べられるものがあるというのは魅力的だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。最新の情報などはこちらへ。
著書には『甘い物は脳に悪い』『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』がある。
文化放送「オトナカレッジ・健康学科」に隔週木曜日出演中。詳しくはこちらから→オトナカレッジHP
ポッドキャスト「オトナカレッジ・聴く図書館」でも聴けます。番組紹介動画はこちら

 


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧