ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
お金持ちになるためのバフェット入門
【第2回】 2007年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
三原淳雄

一生持ち続けるつもりで株を買おう

1
nextpage

 日本では「株=ギャンブル」という否定的なイメージを抱いている人が多いため、株は怖いから手を出してはいけないと思いがちです。自分の勤めている会社が株を買ってくれる投資家のおかげで成り立っているにもかかわらず、そう考えてしまうのは、株式投資の本質を理解していないからです。

  アメリカでは、投資の意味について正しく理解できるように、小学生のうちからトレーニングを行なっている学校があります。その学校では、授業中に子どもたち一人ひとりにアメリカの有名な会社が割り当てられるそうです。たとえば、A君はマイクロソフト、Bさんはウォルマートという具合です。

  そして、自分に割り当てられた会社がテレビや新聞のニュースで取り上げられると、なぜニュースに出たのか、その出来事は世の中にどんな影響を与えるのかを、クラスで発表したり話し合ったりするのです。

  これは、アメリカ経済を動かしているエンジンは企業であり、そのエンジンにガソリンを補給するのが投資家だということを、子どもの頃から学んでいる一例です。

投資のスタンスをきちんと自覚しよう

  日本ではよく「株をやる」という言葉を耳にしますが、本来これは「株式投資」のこと。アメリカでは株式投資の意味を多くの人々が理解しているため、「インベストメント」「トレーディング」「スペキュレーション」という3つの単語に分けて使われています。そのため、自分がどのスタンスで株式投資をしているかをよく自覚しています。

  一方、日本では「株をやる」と言いながら、実際には何をやっているのか本人もよくわかっていないことが多いようです。

  一般的に「インベスター」を名乗る投資家は、売ることを前提にしないで株を買います。株式投資を通じて会社の一部を所有し、会社とともに成長しようと考えています。これが、バフェットの投資法です。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR

    スペシャル・インフォメーションPR

ダイヤモンド・オンライン 関連記事
9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

9割の日本人が知らない お金をふやす8つの習慣

生形大 著

定価(税込):2017年3月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
日系企業から転職した外資系金融マンが明かすお金の知識。なぜ日本のサラリーマンは高収入でも貧乏なのか? なぜかお金が減ってしまう人は知っておきたいお金をふやす習慣。年収1億円の元外資系金融マンが明かす「お金に働いてもらう」、「フロービジネスではなく、ストックビジネスを増やす」方法がわかる!

本を購入する
著者セミナー・予定

(POSデータ調べ、3/12~3/18)



三原淳雄

1959年九州大学経済学部卒業後、日興證券に入社。70年ノースウェスタン大学経営大学院留学。日興證券ニューヨーク支店勤務、ロサンゼルス支店長を経て同社退社。80年三原淳雄事務所を設立。現在、経済評論家として、日本経済、株式投資などの講演・執筆活動多数。日本におけるウォーレン・バフェットの研究家として知られている。


お金持ちになるためのバフェット入門

バフェットの考え方がわかれば、安全・確実に資産を増やすことができる。銘柄の選びからバリュー投資までのシンプルな考え方をコンパクトに紹介。

「お金持ちになるためのバフェット入門」

⇒バックナンバー一覧