HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

名刺がない、内線番号表に名前がない
存在を消される“追い出し部屋”の実態

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第148回】

 長期失業をきっかけに家から出る理由がなくなり、社会とのつながりがなくなって、引きこもっていく人たちは、将来への展望が持てないまま、ひたすらプレッシャーだけを感じて身体に蓄積させていく。

 こうして1年以上にわたって都会のハローワークやエージェントで仕事を探しているものの、まったく決まらないという40歳代後半の元電機メーカーの会社員男性、Aさんの話を前回紹介した。

 そもそも、Aさんがいまのような家から出られない状況に陥ったのは、勤務していた電機メーカーの“追い出し部屋”形式と言われている退職勧奨を受けたことがきっかけだった。

「行き場所がないから…」
突然呼び出されて“追い出し部屋”へ

 Aさんは夜、人事部から突然「人事異動だ」と呼び出され、「君の行き場所がないから、この部屋で待っていてくれ」と通告された。

 Aさんが待つように言われた場所は、事業部から離れた窓のない部屋。10席ほどのデスクが並ぶ、殺風景なフロアだった。

 当時、Aさんの会社でも、AV機器の売り上げが大幅にダウンしていた。

 人事部は、異動先を「新規事業…」などと口ごもり、はっきり言おうとしない。しかし、Aさんが待つように言われた部屋こそ、社内で噂されている通称「追い出し部屋」だった。

 その部屋には、名前がない。

 表向きの配属は「人事部付」ということになっている。しかし、辞令の発令が出ない。

 部屋には電話が引かれているのに、社内の内線番号表には名前が出てこない。社内に存在しないことになっているのだ。もちろん名刺はない。

 ひたすら次の部署が決まるまで待たされ続ける。しかし、その間、仕事は何も与えられない。

 毎朝、その部屋に通勤するだけの日々。仕事がないのに、何もしないでいると「何も仕事をしていない」と怒られる。

1 2 3 4 >>
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧