ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル
【第4回】 2013年5月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
富坂美織

高齢出産で上がる
流産と染色体異常の確率

1
nextpage

前回は、女性が高齢になると体外受精でも妊娠しにくくなることをお伝えした。しかし、妊娠に成功した場合でも、高齢出産にはさまざまな「リスク」が伴うという。今回は、『妊娠・出産・不妊のリアル』でも使用したデータを使い、そのリスクの詳細を解説してもらった。

高齢出産では帝王切開のリスクが上がる

 妊娠は基本的に20代から30代半ばまでに起こりやすく、30代後半になるとその可能性は下がっていきます。経産婦さんに関してはっきりした定義はありませんが、35歳以上の初めての妊娠、出産を迎える女性のことを「高齢初産婦」といいます。この「高齢初産婦」、いわゆる「高齢出産」の方がとても増えています。

 高齢出産にはさまざまなリスクがともないます。
 まず、帝王切開になることが多いと思ってください。
 理由はいくつかあります。

 1つは、不妊治療等で子宮筋腫などの手術既往がある場合に、子宮破裂など自然分娩で起こる事故を防ぐためです。

 私が以前勤務していた地方病院でこんなことがありました。
 その方は1回目の出産は帝王切開でしたが、2回目は自然分娩にこだわっていました。病院側は何度も帝王切開をすすめましたが、女性のこだわりが強いので「事故があっても自分で責任をとる」と一筆書いてもらい自然分娩を試みました。
 ですが心配した通り、子宮が破裂し、赤ちゃんが亡くなってしまいました。お母さんの救命も大変でしたが、何とか一命は取りとめました。
 そして、自己責任と確認しあっていたにもかかわらず、訴訟になってしまいました。

 このようなケースが全国で何件かあり、9割方の医療機関では、1回目のお産で帝王切開を受けた人や子宮の手術をしている人は、2回目以降も帝王切開となっています。自然分娩はリスクが高いのです。

 2つ目の理由は、高齢出産の場合、妊娠中に血圧が上がったり、糖尿病になりやすいからです。そのために妊娠継続がむずかしくなることがあり、赤ちゃんを守るために帝王切開になることがあります。

 3つ目の理由は、後で詳しく述べますが、高齢出産になると、染色体異常や胎児の障害のリスクが高くなります。あまりにも早産の場合や、胎児に重い障害があったり、胎児の状態が悪くて腟から出てくる元気がないときには帝王切開になります。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


富坂美織(とみさか・みおり)

1980年生まれ。順天堂大学医学部卒業。ハーバード大学大学院卒業。医学生時代にカリフォルニア大学サンフランシスコ校にて不妊治療ラボのエクスターンを行なう。医学部卒業後は、東京大学医学部附属病院研修医、愛育病院産婦人科常勤医を経て、ハーバード大学大学院にて母子保健などを学び、公衆衛生学修士号を取得。帰国後は1年間マッキンゼーのコンサルタントとして活動し、2011年末より山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター常勤医。日本産科婦人科学会、日本女性心身医学会会員。テレビ、ラジオ、雑誌などで幅広く活躍している。


「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル

誰にとっても身近なはずの妊娠と出産ですが、その「現実」はなかなか知られていません。
『妊娠・出産・不妊のリアル』を上梓したばかりの富坂美織氏が、女性医療の現実や不妊治療の最新データといった女性にも驚きの情報を、男性にも分かりやすく解説します。
 

「「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル」

⇒バックナンバー一覧