ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2030年のビジネスモデル

100年の時間軸を持った金融とは?――鎌倉投信が育む「希望の金融」

齊藤義明 [ビジネスモデル研究者、経営コンサルタント]
【第5回】 2013年4月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6

 鎌倉投信の「結い 2101」は単なる金融商品ではない。資金の自己増殖性を無視してはいないものの、それに囚われていないし、それが本質には見えない。「結い 2101」はむしろ、強いメッセージ性を放つ「メディア」、本来愛でるべきものを愛でる「アワード(賞)」、社会を良い方向へ革新しようとする「社会的ムーブメント」のような性格さえ有しているように思える。

 

 鎌倉投信は、受益者ひとりひとりが自分のお金の行き先に良質の関心を向けるよう誘っている。短期的な投資収益に翻弄されずに、100年後、300年後、1000年後を見据えて「いい会社」を残そうと呼びかけている。そのための武器として、投資信託という器を再構築して変革のメディアに仕立てた。

 そのメッセージするものは今、顧客が顧客を呼ぶように社会的共感力を持ち始めている。これから先、鎌倉投信はさらに受益者を拡大し存在感を増していくだろう。明確な志を持った情報発信によってさらに「いい会社」の情報が集まり、投資先企業が増えていくだろう。鎌倉投信の投資銘柄はブランドになり、投資先企業の社員の誇りになっていくだろう。従来の金融資本の論理に一石を投じる新しい価値軸を持った金融=「希望の金融」の拡大に期待したい。

previous page
6
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

齊藤義明
[ビジネスモデル研究者、経営コンサルタント]

ビジネスモデル研究者、経営コンサルティング会社勤務。政策・経営コンサルティングの現場でこれまで100本以上のプロジェクトに関わる。専門は、ビジョン、イノベーション、モチベーション、人材開発など。

2030年のビジネスモデル

未来のパターンを作り出す企業は、はじめは取るに足らないちっぽけな存在だ。それゆえに、産業の複雑な変化の過程で、その企業はときに死んでしまうかもしれない。しかし個別企業は死んでも、実はパターンは生き続け、10年後、20年後、新しい現象として世の中に広がる。2030年の日本につながる価値創造のパターンとは何か。現在さまざまな領域でその萌芽に取り組む最前線の挑戦者たちとのダイアローグ(対話)。

「2030年のビジネスモデル」

⇒バックナンバー一覧