ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略
【第10回】 2013年5月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
鈴木博毅

140年前の名著がすすめる
「より良い生き方」4つの秘訣

1
nextpage

『学問のすすめ』というタイトルは、多くの人が“勉強のすすめ”だと誤解しがちだが、そこには当時と今もまったく変わらない、豊かでしなやかな生き方のアドバイスが満載だ。「欲」「バランス」「独立心」「怨望」など、今日にも通じる4つの秘訣を読み解く。

※以下、本文で引用・抜粋・要約されている『学問のすすめ』の文章は、岩波文庫版を底本として、本連載の著者・鈴木博毅氏が現代語訳しています。

■欲張りやケチも、程度によっては美徳になる

『学問のすすめ』では、単に学習に関する話題だけではなく、広く生き方の課題についてもアドバイスが語られています。意外なことかもしれませんが、適切な「欲」であれば、むしろ人間の人生を豊かにするために欠かせないものだとも述べています。

 「贅沢でさえも、その人に相応であるかどうかで美点にもなり欠点にもなる。暖かい服を着て、住みよい家に住むことを好むのは人間の性質である。正しい方法でこの欲求を満たすことを、欠点とはとても言えない。お金を稼いで上手く使い、散財をしても限度を超えない者は、見事な人間というべきだ」(『学問のすすめ』第13編より)

 贅沢の逆である「ケチ」も、適切な範囲で倹約することは美徳であり、場所や限度をわきまえず、お金を得るために道を外して方向を誤るならば「ケチ・強欲」となってしまうのです。

【適切なバランスを取ることで美点・欠点が決まる例】
・傲慢さと勇敢
・粗野と率直さ
・頑固と真面目さ
・軽薄さと鋭敏さ

 まったく勇気がないのも困りますが、過剰な傲慢さにつながれば欠点となります。
 品位を欠かない範囲で率直であることは美徳、それを超えると粗野となることもある。

『学問のすすめ』第8編でも、ウェーランドの書籍『モラル・サイエンス』からの引用として、「身体・知恵・欲・良心・意思」の5つを上手く活用して適切なバランスを取ることが、良い人生の秘訣だとしています。

 上記の5つの要素は、道具と使い方の関係、あるいはアクセルとブレーキの関係のように、自らが上手に管理することで、個人の独立を達成することが可能になる、と諭吉は指摘しています。それらの感情や性質を「自ら使いこなす」ことが重要だということです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


鈴木博毅 

1972年生まれ。慶応義塾大学総合政策学部卒。ビジネス戦略、組織論、マーケティングコンサルタント。MPS Consulting代表。貿易商社にてカナダ・豪州の資源輸入業務に従事。その後国内コンサルティング会社に勤務し、2001年に独立。戦略書や戦争史、企業史を分析し、ビジネスに活用できる新たなイノベーションのヒントを探ることをライフワークとしている。顧問先には顧客満足度ランキングでなみいる大企業を抑えて1位を獲得した企業や、特定業界で国内シェアNo.1の企業など成功事例多数。日本的組織論の名著『失敗の本質』をわかりやすく現代ビジネスマン向けにエッセンス化した『「超」入門 失敗の本質』(ダイヤモンド社)は14万部を超えるベストセラーとなる。その他の著作に、『企業変革入門』『シャアに学ぶ逆境に克つ仕事術』(日本実業出版社)、『戦略の教室』(ダイヤモンド社)、『「空気」を変えて思いどおりに人を動かす方法』(マガジンハウス)、『実践版 孫子の兵法』(プレジデント社)、『この方法で生きのびよ』(経済界)、『君主論』(KADOKAWA)などがある。

 


「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略

歴史的名著は国家存亡期に書かれた「革命の書」だった――。『学問のすすめ』が実現させた、日本史上最大の変革「明治維新」から転換期を生き抜く方法を学ぶ。140年前と現代に共通する、個と国家の「成功の本質」とは?

「「超」入門 学問のすすめ――明治維新と現代日本に共通する23のサバイバル戦略」

⇒バックナンバー一覧