Digital Experience! TOP>DIAMOND online>マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー
【第37回】 2013年5月20日
著者・コラム紹介
藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

クールビズに「ひとひねり」で
2013年の夏を乗り切れ!

ちょっと他人と差を付けるビジネスマンが増えると…

今年のクールビズは
いつもと少し違う

 「クールビズ」が、今年も5月1日から企業や官公庁でスタートしました。その光景は、今ではすっかり社会に定着した感もありますが、始まりは2005年、環境省が職場の冷房温度の下げすぎによる電気のムダ使いを防止するため、軽装で働くことを推奨するキャンペーンを実施したことです。

 東日本大震災のあった11年からは、従来の6月開始が1カ月前倒しの5月スタートとなり、終了も1カ月延長の10月末とされました。昨年からは、ポロシャツ、アロハ、スニーカーなどもOKの「スーパークールビズ」も始まり、今年も6月1日からキャンペーンがスタートします。

●環境省「SUPER COOL BIZ 2012」のページ

 こうして、多くのビジネスマンはこの時期、ジャケットを脱いでネクタイをしないのが当たり前になってきました。当然ながら、その影響を最も受けたのがネクタイ業界です。生産者団体・東京ネクタイ協同組合によると、11年の日本のネクタイ生産・輸入量は約2900万本で、ピークだった1991年の約5600万本から半減したそうです。

 ところが――。

 13年のクールビズには、昨年までとトレンドの変化が読み取れます。中でも注目すべきは、何といってもジャケットとネクタイの復活です。

 ノージャケット、ノーネクタイが主流だった12年までとは違い、今年はジャケットにネクタイ、それにパンツというスタイルが流行するという予測がなされているのです。実際、ネクタイの復活と共に、洋服売場ではネクタイピンやポケットチーフ等の関連商品が目立ってきています。

 そして、もう一つのトレンドが、鮮やかな明るいカラーの流行です。

1
nextpage
  • PR
  • PR
新着記事
MORE
BackNumber
MORE
ArticleRanking

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧