ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
山崎元のマネー経済の歩き方

儲けの種としてのサブプライム問題

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]
【第12回】 2007年12月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界の金融機関のサブプライム関連商品の損失額が全貌を見せつつある。だいたいの損失規模はなんとなくわかってきた。相場の世界では、悪材料はお化けと一緒で、すべてが見えると怖くないものと決まっている。市場参加者の認識が実際の損失額に追いついてくると、株価もそれに応じて変化しているはずだから、金融機関の損失額が怖いということは、そうない。

 まして、日本の金融機関の場合、報道ベースでサブプライム関連商品の保有額はすべて合わせて1兆数千億円だ。銀行のバランスシートは割合きれいになっているし、その後の景気回復で少々稼いだ。サブプライム関連の損失で大手金融機関の経営が曲がるとか、かつての「貸し渋り」が復活するということはないだろう。

 もちろん、サブプライム層の保有不動産に限らない米国の不動産価格下落が、今後どれだけ世界の景気に影響を与えるかは不透明だ。サブプライム問題の第2ラウンドとでも呼ぶべき段階だが、この影響がどうなるのかは、今の時点ではよくわからない。ただ、目下のFFレートの誘導目標である4.5%を下回って4%そこそこに低下した米国の10年国債利回りを思うと、金融市場の参加者は、米国の景気にかなり悲観的な見通しを持っている。目下の日本の株価はもっぱら景気のみに反応しており、まだ警戒が必要だ。

 サブプライム商品に、直接ないしは傘下の投資会社やヘッジファンドを通じて多額の投資を行なっていた欧米の金融機関は、サブプライム商品に関する他社の評価替えや、格付け会社による格付けの引き下げに応じて関係商品の評価を引き下げては、損失額予想の拡大を余儀なくされている。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山崎 元 [経済評論家・楽天証券経済研究所客員研究員]

58年北海道生まれ。81年東京大学経済学部卒。三菱商事、野村投信、住友信託銀行、メリルリンチ証券、山一證券、UFJ総研など12社を経て、現在、楽天証券経済研究所客員研究員、マイベンチマーク代表取締役。


山崎元のマネー経済の歩き方

12社を渡り歩いた資産運用の現場に一貫して携わってきた視点から、「資産運用」の方法をどう考えるべきか懇切丁寧に説く。投資家にもわかりやすい投資の考え方を伝授。

「山崎元のマネー経済の歩き方」

⇒バックナンバー一覧