ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

第二のフェイスブックを探せ
三菱地所の外資系誘致大作戦

週刊ダイヤモンド編集部
2013年6月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
新丸ビルの「日本創生ビレッジ」。有望技術を持つベンチャーを発掘し、誘致する作戦だ

 丸の内エリアのオフィスビルのおよそ3割を所有する“大地主”三菱地所が海外企業の誘致を拡大している。

 昨秋には専門部署「東京ビジネス開発支援室」を設置。日本にまだ進出していない海外企業や、世界展開を目指す国内のベンチャー企業、そして彼らを支援するためのベンチャーキャピタルやコンサルティング企業などを丸の内エリアに誘致する。

 富士ビルの「丸の内インド・エコノミック・ゾーン」や、新丸の内ビルの「日本創生ビレッジ」といったオフィスを提供するほか、メンバー制のビジネスクラブ「東京21cクラブ」を組織し、メンバー間のマッチングやセミナー開催などによるネットワークづくり支援など、デベロッパーの枠を超えたサービスを提供している。

 5月には、新丸ビルに入居するベンチャーキャピタルファンドに出資も決めた。

 三菱地所が海外企業の誘致に力を入れる背景には、東京のオフィス需要への危機感がある。

 2008年のリーマンショック前、東京の不動産市場はミニバブル状態で大手町、丸の内エリアの空室率はほぼゼロという盛況ぶりだった。

 「賃料はオーナーの言い値だった」(業界関係者)ものだが、ミニバブル崩壊で状況は一転。需要を牽引していた外資系金融機関が大幅に所帯を縮小したり、アジアの他の都市に移転するなどして以降、オフィスビル市況はなかなか盛り上がらないままだ。

次のページ>> 実需回復は道半ば
1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧