HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

「引きこもり」するオトナたち

引きこもり歴27年の50代男性は
なぜ再び社会に出ようと思えたのか

池上正樹 [ジャーナリスト]
【第156回】

 引きこもり状態の高年齢化とともに、長年、変化が起きなかった親子関係の中で、将来に絶望している当事者や家族は少なくない。

 典型的なのは、親世代から「自分が死んだら、子どもはどうなるのか?」「どうすれば社会に出ていけるのか?」「医療に診てもらいたがらない」…などといった不安だ。

 しかし、27年間にわたり引きこもってきた50歳代の男性が、ふとしたきっかけから「社会に役立つ仕事をしないといけない」からと、自らの意思で動き始めたケースもある。

高校時代に自殺未遂
そして引きこもり状態へ

 藤井聡史さん(仮名=55歳)が生まれ育ったのは、関西地方の海の見える小さな町だ。

 藤井さんは高校の頃から、対人恐怖があった。

 「このまま生きていても人並みの生活ができない」

 そう思った藤井さんは、高校を卒業する前、2ヵ月かけて自殺しようと決意。深夜に自殺を決行した瞬間、両親が起き出したため、「臨死体験」だけで未遂に終わった。

 「意識の中では、幽体離脱して、悪霊に憑依されたんです。でも、天使に助けられて、これから肉体に戻って生きることもできるし、あちらの世に行くこともできるようなところに置かれました。どうする?ってなったとき、それでも自分を守ってくれる人(天使)がいたので、もう一度、生きようかと思って、戻ってこられたんです」

 卒業する予定のなかった高校も卒業した。しかし、卒業後は、毎日することがなかったので、朝から晩まで、雲の動きを見ていたり、海岸で1人、波の音に耳を傾けたりしていた。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

池上正樹 [ジャーナリスト]

通信社などの勤務を経て、フリーのジャーナリストに。主に「心」や「街」を追いかける。1997年から日本の「ひきこもり」界隈を取材。東日本大震災直後、被災地に入り、ひきこもる人たちがどう行動したのかを調査。著書は『ひきこもる女性たち』(ベスト新書)、『大人のひきこもり』(講談社現代新書)、『下流中年』(SB新書/共著)、『ダメダメな人生を変えたいM君と生活保護』(ポプラ新書)、『あのとき、大川小学校で何が起きたのか』(青志社)など多数。TVやラジオにも多数出演。厚労省の全国KHJ家族会事業委員、東京都町田市「ひきこもり」ネットワーク専門部会委員なども務める。YAHOO!ニュース個人オーサー『僕の細道』

 


「引きこもり」するオトナたち

「会社に行けない」「働けない」――家に引きこもる大人たちが増加し続けている。彼らはなぜ「引きこもり」するようになってしまったのか。理由とそうさせた社会的背景、そして苦悩を追う。

「「引きこもり」するオトナたち」

⇒バックナンバー一覧