ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
伝え方が9割
【第14回】 2013年7月17日
著者・コラム紹介バックナンバー
佐々木圭一 [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

技術者こそ、
伝え方の技術を学べばいい
【サイバーエージェント藤田晋×佐々木圭一】(後編)

1
nextpage

『起業家』がベストセラーとなっているサイバーエージェント社長藤田晋氏と『伝え方が9割』佐々木圭一氏の対談の後半です。「伝え方も多角化、複雑化している。経営者はスピーチが苦手でも他の方法に頼れるようになった。例えば、ブログに書けばいい」と藤田さん。言葉とその技術について、語り合ってもらいました。(取材・構成/上阪徹 撮影/小原孝博)

技術者は、わざわざややこしく言っている

藤田晋(ふじた・すすむ) 株式会社サイバーエージェント代表取締役社長。1973年福井県生まれ。97年、青山学院大学卒業後、人材会社の株式会社インテリジェンスに入社。翌98年に株式会社サイバーエージェントを設立、代表取締役社長に就任。2000年に史上最年少(当時)の26歳で東証マザーズ上場。著書に『渋谷ではたらく社長の告白』『藤田晋の成長論』、共著に『憂鬱でなければ、仕事じゃない』『人は自分が期待するほど、自分を見ていてはくれないが、がっかりするほど見ていなくはない』など。
渋谷ではたらく社長のアメブロ
http://ameblo.jp/shibuya/

藤田 さすが伝え方の本だけあって、『伝え方が9割』というのは、タイトルがうまいなぁと思いました。僕も『起業家』のランキングを気にして見ていたときに、いつも順位のそばにあって気になっていたんですよね。

佐々木 ありがとうございます。ブログにも書いていただいて、感動しました。

藤田 特に技術者は、伝え方のようなものを軽視している印象が僕にはあったんです。むしろ、わざわざややこしく言っている気がしていて。本を読んでみて、これはちょっとでも伝え方を意識すれば、まったく変わると改めて思ったんですよね。だいぶ損をしている技術者がいるな、と。

佐々木 そうなんですよね。大学時代、僕も理系で論文を書いていたりしましたが、どれだけ難しいそうに書くかがポイントだったりしましたよね(笑)。

藤田 インテリ層も伝え方には弱いですよね。ブログを書いてもらうと、すごくわかりやすいです。太字や文字の大きさなどを、いろいろ駆使してわかりやすく伝えようとする人と、ダァーっとテキストを流し込むだけで「そんなの見る人がちゃんと読めばいい」とばかりに書いちゃう人がいますよね。受け手に対する配慮というか、デリカシーがまるで違う。

佐々木 ネットが出てくるまでは、それでも良かったと思うんです。でも、今はダァーと流し込まれただけのテキストは読みたくないし、難しい言葉が並んでいたら途中で読むのをやめてしまいますよね。他にも、わかりやすくて楽しい情報は山のようにあるわけですから。
 もしかしたら、伝え方講座のようなものを作って、技術者の人は受けてみるといいんじゃないでしょうか。

藤田 ぜひ作ってください。実際、ネットでは便利がものが作られているんですが、実はほとんど埋もれているんです。フェイスブックとか、食べログとか、当たったものばかりが取りざたされますけど、いいものは他にもたくさんあるんです。それが、伝わらずに埋もれている。その意味では、埋もれない伝え方の技術を持てたとするなら、かなり価値が高くなると思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
うねりチャート底値買い投資術

うねりチャート底値買い投資術

上岡正明 著

定価(税込):本体1,400円+税   発行年月:2016年12月

<内容紹介>
1日5分、週末15分あればOK。忙しいあなたにもできる究極の投資術。低成長下でも株で1億円を儲けた著者がはじめて明かす、ちょっと地味だけど実はスゴイ投資術。 株で勝つために必要な知識とポイントが、最短で学べる。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、1/1~1/7)


注目のトピックスPR


佐々木圭一(ささき・けいいち) [コピーライター/作詞家/上智大学非常勤講師]

上智大学大学院を卒業後、博報堂を経て、株式会社ウゴカスを設立。新入社員時代、もともと伝えることが得意でなかったにもかかわらず、コピーライターとして配属され苦しむ。ストレスから1年で体重が15%増、アゴも無くなる。あるとき、伝え方には技術があることを発見。そこから伝え方だけでなく、人生ががらりと変わる。初めての著書『伝え方が9割』は、64万部のベストセラーとなり、2013年ビジネス書年間ランキング1位(紀伊國屋書店新宿本店調べ)、年間ベストセラー単行本2位(2013年ビジネス書部門/日販・トーハン調べ)となる。カンヌ国際広告祭でゴールド賞を含む、3年連続受賞。米国の広告賞One ShowDesignで日本人初ゴールド賞受賞。AdFestでゴールド賞受賞。AIMアワードでグランプリ受賞。トリンプ「天使のブラ」、コーセー「FASIO」などヒットCMを数々制作。郷ひろみ・Chemistryなどの作詞家として、アルバム・オリコン1位を2度獲得。トヨタ自動車、楽天、大塚商会、東武鉄道、ユー・エス・ジェイ、小林製薬、プルデンシャル生命、ソニー生命保険、東京大学、上智大学などで150回以上の「伝え方が9割・講演」を行う。メディア出演は、NHK「ゆうどき」、日本テレビ「世界一受けたい授業」、テレビ朝日「お願い!ランキング」、フジテレビ「ネプリーグ」、TBS「ひるおび!」、テレビ東京「FOOT×BRAIN」、BS朝日「ポップメイカー」にてMC、「an・an」連載など多数。「日本のコミュニケーション能力のベースアップ」のために、精力的に活動している。佐々木圭一公式サイト: www.ugokasu.co.jp Facebook:www.facebook.com/k1countryfree  twitter:@keiichisasaki


伝え方が9割

伝え方にはシンプルな技術があります。
本連載では、著者が膨大な時間とトライ&エラーで導き出した方法論のエッセンスをご紹介します。
この方法論を使えば、料理のレシピのように、誰でも強いコトバをつくれるようになります。是非、本連載のエッセンスを仕事やプライベートに活用してください。

「伝え方が9割」

⇒バックナンバー一覧