ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
気配りの正解
【第4回】 2013年7月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
後田良輔 [現役大手3大広告代理店副部長]

【第4回】
気配りは、「嫌われない自分」を
つくる強力な武器

1
nextpage

このたび『気配りの正解』を発刊した後田良輔氏によると、「人間は、無意識のうちに、他人の『いいところ』よりも『悪いところ』に反応する」という。したがって、気配りに大切なのは、「好かれること」ではなく、嫌われないように振る舞うこと。気配り上手になるには、相手にとって「不快ではない行動は何か」を考える習慣を身につけなければならない。では、「嫌われない自分をつくる武器」とは何だろうか?

「好かれる」よりも「嫌われない」が大事

 まわりの人を味方につけるには、

 「好かれようとすること」よりも、「嫌われないこと」が大前提

 だと私は考えています。

 就職活動が象徴的です。
 私は以前、拙著『逆境を活かす!就活面接「エモロジカル理論」2015年度版』(実務教育出版)の出版にあたり、「企業の採用基準」を調べたことがあります。
 すると、人事担当者には「本音と建て前がある」ことがわかりました。

 人事担当者は、必ずしも「いい人材」を採ろうとしているわけではありません。

 もちろん、「いい人材」はほしい。けれど、それと同じくらい、職場仲間として、

●「好きになれるか」
●「仲よくなれるか」

 という視点を大事にしていたのです。

「嫌われない」を意識することが、
気配りの第一歩

 人事採用者は、

 「好感度の高い人を採用したい」

 というより、

「不快感を与える人は、採用したくない」

 と考える傾向にあります。
 ですので、人を見るときは、その相手の長所よりも先に、「靴が汚れている」「シャツがしわしわ」「無精ひげがある」といった、ネガティブチェックをしています。

 このように、人は「本音」と「建前」の2つの側面があるため、本音の部分である、

「嫌われない」という大前提からスタートするのが正解です。

 これは、就職活動に限った話ではありません。
 生活のあらゆるシーンで「嫌われない」を意識することが、気配りの第一歩です。

●相手にとって「不快ではない行動」とは、何か?
●相手にとって「恥をかかせない言動」とは、何か?
●相手にとって「快適な時間」とは、何か?

 を考えながら相手と接していきましょう。
 いきなり「好かれる」のは難しいかもしれません。
 けれど、「嫌われない」のは、簡単です。
 なぜなら、「気配りの正解」を実践すればいいからです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


後田良輔 [現役大手3大広告代理店副部長]

1972年生まれ。「絶対に失敗しない気配りのツボ」を超具体化し、累計30億円以上稼ぐ、現役大手広告代理店のスーパー副部長。新人時代は、社外から「空気が読めない広告費ドロボウ」、社内では居眠りばかりで「メトロノーム」と呼ばれる。プライベートでも23歳まで童貞。やがてうつ状態となり、半年間社会人をリタイア。その後、デキる社員の行動を2000時間観察し、夜の街に3000万円を投資。ぜんぶ3秒でできる「ぶっちぎり理論38」を開発。見えない気配りの見える化に成功し、業界平均の1000倍に当たる新規扱い10億円の案件や世界連合企業から15億円のプロジェクトを獲得。また、「KHA(こんなの はじめて ありがとう)理論」で、女性にモテはじめ、5人同時に告白されるようになる。


気配りの正解

人間関係の崩壊は、ほんの1ミリ、1グラムの「気配りの失敗」から始まります。気配りで大切なのは、好かれることではなく、相手に嫌われたり角が立たないように振る舞うことです。「気配りの正解」は、嫌われない自分をつくるための「武器」。3000名超のVIPとの交流で培った、3大広告代理店の現役社員だから言える「本当に使えるノウハウ」=「気配りの正解」を紹介します。

「気配りの正解」

⇒バックナンバー一覧