ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise
【第877回】 2013年6月24日
著者・コラム紹介バックナンバー
週刊ダイヤモンド編集部

サーベラスが勝手にはじいた
西武再上場の想定株価の不可解
【西武再上場問題続報】

1
nextpage

 米投資ファンド、サーベラスグループとの間で泥沼化する西武ホールディングス(HD)の再上場問題。サーベラスは、自らが選任した取締役を多数送り込んで経営を実質的に牛耳ろうと虎視眈々と狙っている。西武HDは反対姿勢を鮮明にしており、6月25日に開催される株主総会で両社のバトルはヤマ場を迎える。

 それにしても、人材を送るなど再建に向けて協力的だったサーベラスが豹変した最大の理由は何だったのか。

 本誌では、サーベラスが勝手にはじき出した西武HDの企業価値評価(バリュエーション)が想定していたものより低く、公募価格が予想を下回ると判断したためであると、これまで指摘してきた(「デイリー・ダイヤモンド」の記事番号「3040610」「3042717」参照)。 

 ところがそのバリュエーションなるものをあらためて検証すると、実にいい加減な代物であることがわかってきた。

 時計の針を昨年10月に巻き戻してみよう。12日付でサーベラスのスティーブン・ファインバーグCEOが後藤高志・西武HD社長に送りつけたレター。再三触れているようにこのレターには、球団売却や不採算路線の廃止の検討などを要求する“経営改善策”が盛り込まれている(記事番号「3040614」参照)。

 実は、このレターには、三つの投資銀行に作成させた英語のバリュエーションシートも添付してあった。

 中身は至ってシンプルで、鉄道、不動産など営業資産の収益力からみる事業価値、非中核案件の資産価値、開発案件から期待される資産価値の三つを合算して企業価値を計算。さらに純負債額などを引いたうえで発行済み株式数で割って、想定される公募価格を試算している。

 サーベラスが問題視したのは、去年4月時点と10月時点を比べたところ、三つの投資銀行が試算した10月の想定株価がそろって低くなっていた点だ。投資銀行によって差はあるが、おおよそ600~700円前後低くなっている。その要因の一つとしてファインバーグ氏は、「鉄道事業について極めて低いマルチプルが採用されている」と指摘したうえで、納得できるものではないと不満を示している。

1
nextpage
Special topics
ダイヤモンド・オンライン 関連記事


DOLSpecial

今週の週刊ダイヤモンド

2014年8月2日号

週刊ダイヤモンド最新号

定価710円(税込)

週刊ダイヤモンドのサイトへ
特集

オジサン世代に増殖中!
職場の「お荷物」社員

      
  • Prologue 「お荷物」社員はなぜ生まれるのか
  • 働かないオジサン対策は日本企業の最重要課題だ!
  • 図解 どの世代も逃げられない働かないオジサンのリスク
  •     
  • Part 1 職場を萎えさせる「問題児」社員の実態
  • あなたの周囲にもいる!? 働かないオジサン7分類
  • あなたは大丈夫!? 働かないオジサン度チェックチャート
  • 「お荷物」社員の取扱説明書
  • 主要上場企業直撃アンケート シニア活用の実態
  •   
  • Part 2 働かない社員を量産 大企業人事部の"大罪"
  • 大量の採用と削減繰り返すだけ 年々巧妙化する企業のリストラ
  • Interview 秋山謙一郎●ジャーナリスト
  • 理想忘れた放漫経営が招いたソニー「追い出し部屋」の泥沼 清武英利●ジャーナリスト
  • Interview 野田 稔●社会人材学舎代表理事
  •   
  • Part 3 社員高齢化で待ったなし 「お荷物」を戦力化せよ
  • 50歳を過ぎても変われる! オジサン再生「六つの秘策」
  • Column 人材不足の中小企業で戦力化 ものづくり支えたシニアの技
  • Column 「お荷物」社員の目が輝く 人事担当者必見の研修
  • Column 顧問で派遣、クラウド活用 経験生かし定年後も活躍
  • Interview 三浦雄一郎●プロスキーヤー・冒険家
  
underline

週刊ダイヤモンド1冊購読

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧