ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法
【第9回】 2013年7月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
吉澤 準特 [コンサルタント]

「最後まで、話を聞いてほしかった…」。
【実話】小さな不満が、大きな悲劇を引き起こす!

1
nextpage

「人の話は最後まで聞きましょう」。子どもの頃、親や学校の先生にこう教えられたことはないでしょうか。ビジネスマナーの基本中の基本ではありますが、これが意外と、実践するのが難しいものです。とある現場で、実際に起こった失敗談をお伝えします。

「まだ言いたいことが残っていたのに…」が生む
大きなフラストレーション

 喋っているときに、発言をかぶせてくる人がいます。

 たとえば、ある課題について、あなたが解決策をひらめいたとしましょう。会議でそのことを説明し始めたとき、他の参加者が、「そういったやり方もあるかもしれないが、私はこちらのやり方のほうが良いと思っているんだ」と割って入ってきて、話の主導権が奪われたとします。

 せっかく自分が話をしていたのに、気づいたら別の人にその座を奪われていたという場面で、あなたは何を感じるでしょうか。

 「まだ言いたいことが残っていたのに…」

 このように、最後まで話を聞いてもらえなかった人はフラストレーションを抱え込みます。割り込んできた相手と心理的な距離があるほど、その思いは強くなります。それが転じて、相手に対するネガティブな気持ちが生まれ、その積み重ねが、非協力的な態度や消極的な姿勢を生み出すのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



    吉澤 準特(よしざわ・じゅんとく) [コンサルタント]

    外資系コンサルティングファーム勤務。
    専門領域において、日本支社のリーダーを務め、ビジネスからシステムまで幅広くコンサルティングを手がける。
    プロジェクトマネージャーとして、数百億円規模のシステム運用改善、あるいは組織改革、人材育成に携わることも多い。ITサービスマネジメントの世界基準である、ITIL Managerの有資格者でもある。
    業務が広範囲にわたるため、組織の責任者、中間管理職、現場担当者といった、あらゆる層を対象としたコミュニケーション・折衝の経験が豊富。社内の新人研修責任者を務めたこともあり、新人コンサルタント育成の手法についても詳しい。そうした新人からベテランまでの人材育成経験をベースに、「4つのスキル」("聴く"、"伝える"、"段取る"、"動かす")をコアとする仕事術が誕生した。


    外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法

    本連載は、現役の外資系コンサルがやっている仕事術を紹介するものです。
    「膨大な仕事量をこなし、かつ質の高いアウトプットを求められる外資系コンサルが何をやっているのか」。
    その秘密をお教えします。
    「20~30代の、これから社会の中枢を担うビジネスパーソン」や「仕事の質・スピードをよりアップさせたいビジネスパーソン」にオススメの連載です。

    「外資系コンサルの仕事をサクサク片づける法」

    ⇒バックナンバー一覧