ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
100点満点とれる子の育て方
【第1回】 2013年7月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
西角けい子 [ステージメソッド塾代表]

【第1回】
平均点以下の子でも、
見違えるように変わる方法とは?

1
nextpage

このたび『100点満点とれる子の育て方』を発刊した、ステージメソッド塾代表の西角(にしかど)けい子氏に、子どもの成績を伸ばす秘訣を聞いた。
西角氏は、倍率10倍超の難関公立中高一貫校に7年連続地域No.1の合格実績をあげているだけでなく、学校のテストから「全国版学力テスト」まで、どんなテストでも「100点満点」を目標にさせて、確実に「100点」をとらせていく。「すべての子どもには、必ず伸びしろがある」という信念を軸に、学力とメンタルの両面からアプローチを重ねていくのが特徴。「平均点以下でも必ず伸びる習慣」や「100点満点勉強法7つのルール」などに驚く親子が続出している現在、全5回連載を企画した。
【第1回】は、「100点満点」にはチカラがある、というエピソードを紹介する。

「100点満点」にはチカラがある!

「100点満点」にはチカラがあります。
 親御さんなら、わが子の将来を、安心したものにしたい、と感じるのは当然です。
 それなら、子どものころから、「100%のチカラを出すこと」を教えてあげてください。
 いつも平均点や80点を目指すのではなく、常に「100点満点」を目標にすることを身につけさせるのです。
 そうすれば、本当に「100点満点がとれる子」に育っていきます。
 これを読んでいただいた後、1つでも2つでも試してください。
 きっと子どもの人生に変化が生まれます。

 学習コンサルタントの西角けい子です。
 私は、兵庫県西宮市に、「ステージメソッド塾」という小さな私塾を開いています。
 西宮市は、大阪と神戸の中央に位置し、自然の風光と温暖な気候に恵まれた教育に熱心な地域です。
 最寄り駅の阪急・西宮北口駅前のエリアは、日本有数の進学塾の激戦区として知られており、灘や甲陽といった超難関私立中学などの合格を目指す大手学習塾が立ち並びます。
 私の塾はその一角にあります。
 文部科学省は、2007(平成19)年度から「全国学力・学習状況調査」を実施しています。
 それは、日本全国の小中学校の小6と中3を対象に、学力状況を把握するためです。
 一般的に、「全国学力テスト」と呼ばれるこのテストで、2012年(平成24)年度には、当塾の中3生が英語で「100点満点」(全国1位)に輝きました。
 また、他の塾生は、東京大学や京都大学に毎年数多くの合格者を出す偏差値70近い名門公立高校の入学試験で、英語を「100点満点」で合格しています。
 いずれも、小学高学年で国語力を強化したうえで、他の教科の集中指導に切り替えた成果です。

 他にも、当塾で採用している教材会社の「全国版学力テスト」では、塾生の2割が2年連続で「国語」「算数」「英語」で「100点満点」をとり、「全国1位」になりました。

 第三者から「初めから成績のいい子を囲い込んだのではないですか?」と言われることもありますが、それは違います。

 初めは、みんな、普通の成績、いや多くの子は、平均点以下からのスタートでした。
 出会った頃の子どもたちは、「100点満点」をとることを目標にしていませんでした。
 その方法を知らなかったために、「100点満点」は偶然か、ラッキーでとれるものだと思っていたようです。

 実は、子どもに「100点満点」をとらせていくには、いくつかの手順があります。
 私はこれを「100点満点勉強法」としてまとめ、7つのルールをつくりました。

 どれもがとてもシンプルです。
 初めは、できるだけ小さなテストで、「100点満点」をとることを目標にすることから始めます。
 具体的に言えば、「1問100点」にして、簡単な問題を正解させます。

 子どもが確実に100点をとる体験を積み重ねることで、塾生の8割が「全国トップクラス」になったり、7年連続地域1番で地元の難関中高一貫校に合格実績を出したりしています。
 小6で英検2級に合格したり、大学入試の模擬テストでは、英語の偏差値が80.2になった高3の子もいます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


西角けい子 [ステージメソッド塾代表]

大阪生まれ。学習コンサルタント、ステージメソッド塾代表。
日本有数の大手学習塾の激戦区、兵庫県の西宮北口エリアで、「ニシカド式勉強法」により、 普通の成績だった塾生の8割を2年連続「全国トップクラス」に、2割を「学力日本一」(全国版学力テスト)に育てる。「お母さんの言葉がけ」と、「暗記力」「ノート力」「作文力」アップを重視した「ニシカド式勉強法」は定評があり、倍率10倍以上の超難関公立中高一貫校に、6年連続地域No.1の合格者を出し続けている。片道3時間以上かけて通う小学生も複数出るほどの人気ぶり。
また、自身の子育て体験から、わが子の教育に悩むお母さんへ勉強法や成績アップのアドバイスを行い、「子どもはお母さんのために勉強しています」と言い切る保護者セミナーは、人気が高く、常に満席が続いている。
1男1女の母。 著書に、『子どもの成績は、お母さんの言葉で9割変わる!』(ダイヤモンド社)がある。

【ステージメソッド塾】
http://stage-m.com/

 


100点満点とれる子の育て方

「100点満点にはチカラがある!」「文字の濃い子は必ず伸びる!」「どんな子も100%伸びしろがある!」「私は100点満点とれる!と信じた子は変わる!」など、魂のこもった独自の指導で、倍率10倍超の難関公立中高一貫校へ7年連続地域No.1の実績!

「鉛筆は2B!」「ほめるよりねぎらう!」「親の学歴は不問!」など、「100点満点勉強法」7つのルールを初公開!

「100点満点とれる子の育て方」

⇒バックナンバー一覧