ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」
【第11回】 2013年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

修羅場という実践の場でしか
得られないことがある。
勝ち残るマインドセットをいかに育むか
【対談】新将命×出雲充――起業家を突き動かすのもは使命(後編)

1
nextpage

起業家やベンチャーが育たない国、日本。その日本で、ミドリムシを武器にグローバルな飛躍を目指す株式会社ユーグレナの代表取締役・出雲充氏。現状を悲観するのではなく、どんな条件が揃えば起業家やベンチャーが成功できるのかを考えたいところです。
若き起業家に向けたセミナーや勉強会を開催している新氏から出された答えは「メンター、座学、修羅場」。今回はこの3つのキーワードについて意見を交わします。

メンターがいれば必ずリカバリーショットを打てる

出雲充(いずも・みつる)
株式会社ユーグレナ 代表取締役社長。
1998年東京大学文科三類入学、在学中に米国スタンフォード大学で開催された「アジア太平洋学生起業家会議」の日本代表を務め、3年進学時に農学部に転部。2002年東京三菱銀行に入行。退職後2005年8月株式会社ユーグレナを創業し代表取締役に就任。同年12月には世界で初となるユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養に成功する。
著書に『東大に入るということ、東大を出るということ』(プレジデント社)、『僕はミドリムシで世界を救うことに決めました。』(ダイヤモンド社)等。

出雲 伊藤忠商事をはじめ素晴らしいパートナーシップが築けたことにより会社として安定しましたが、それまでは必死でした。私たちがミドリムシ研究を成功させなければ、今後もしかしたら二度と陽の目を見るチャンスがないかもしれない。これまで研究されてきたことをすべて使い切るわけですから、過去の研究の蓄積に対して失礼のないアクションをとらなければ、と。

 「ミドリムシで地球を救う」という私の壮大なミッションを笑わずに一緒にやろうと言ってくれた仲間たちには感謝しています。仲間に恵まれたという思いが非常に強いです。

 経営者が夢や志、情熱を持っているってことが一番大事です。これはもう理屈じゃないんです。今後出雲さんがさらに飛躍するためには、その仲間にメンターを加えるといいでしょう。

 先ほどはなぜ日本で起業家が育たないのかという話をしましたけれども、逆に、成功している起業家には必ずメンターという存在がいます。出雲さんが社長だというだけで、揉み手をしながら近寄ってくる人が今後さらに増えていきます。すると人間は弱いところがあって、どうしても自分が偉いんじゃないかなと勘違いしちゃうんですよね。だから自分への苦言とか直言、耳に痛いことを言ってくれる人を探しましょう。

出雲 新さんはどうやってメンターに出会ったんですか?

 出席した勉強会の講師の方に直談判して、メンターになってもらったことがあります。5年前まではメンターが5人いたんですが、次々に亡くなって、今では残念なことに1人しか残っていませんけれどね。

 それでも、私が疲れたり、迷ったりしたときにメンターに会ってもらうと、とても元気が出てきます。転んでも必ず起き上がれるような言葉をくれるありがたい存在です。メンターは誰でもいいんです。たとえば大学の先輩でもいいし、会社の上司でも親戚のおじさんでもいい。だいたい年寄りは暇だから会ってくれますよ。

出雲 本当ですか?そうだと嬉しいですが。

 それに、たいていごちそうしてくれますよ(笑)。私だって若い世代の方に頼りにされると嬉しいですからね。メンターは自分で探すものですから、そこは積極的にね。

次のページ>> 伸びる人の3つの条件
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

1936年生まれ。早稲田大学卒業後、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスを含むグローバル・エクセレント・カンパニー6社で40年にわたり社長職を3社副社長職を1社経験。2003年より住友商事を含む数社のアドバイザリー・ボードメンバーを務める。長年の経験と実績をベースに、経営者や経営幹部を対象とした経営とリーダーシップに関する講演・セミナーをし、国内外で「リーダー人財開発」の使命に取り組む一方で、経営者・経営者グループ に対する経営指導、相談役も果たしている。

自身のビジネス人生で得た実質的に役立つ独自の経営論・リーダーシップ論は経営者や次世代リーダーの心を鼓舞させ、講演会には常に多くの聴講者が詰め掛けている。著書に『経営の教科書』(ダイヤモンド社)『伝説の外資トップが説く リーダーの教科書』(ダイヤモンド社)、『伝説の外資トップが説く 働き方の教科書』(ダイヤモンド社)、『コミュニケーションの教科書』(講談社) など。またオリジナル教材『新将命の経営・リーダーシップ実学』やCD教材等も。

新将命 公式サイト

 


“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」

ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラ、フィリップス、住友商事、アメリカ、ヨーロッパ、日本を代表するグローバル・エクセレント・カンパニーでトップマネジメントを務めてきた新将命氏の経営メソッドの本質とは何か? 経営者そしてリーダーは、「何を考え」「何を行うべき」か? また、それが、次世代を担う若手経営者やビジネスリーダーからも圧倒的な支持を受けている背景にあるものは? 次世代を担う各分野のリーダーをゲストに招き、改めてその魅力を紐解いていく。

 

「“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」」

⇒バックナンバー一覧