ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」
【第13回】 2013年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

企業と人、そして社会
長期投資という考え方が
これからの日本を変えていく
【対談】新将命×渋澤健――真のグローバルとは(後編)

1
nextpage

日本から世界へと歩んだ新氏と世界から日本へと歩んだ渋澤氏。自身のビジネスマンとしての経験を活かし次世代のグローバルリーダーの育成に邁進する新氏と、投資という視点から希望溢れる次世代の構築を見据える渋澤氏にとって真のグローバル化とは。そして企業が社会に対して果たすべきCSRの意味と意義について語り合います。

世界に誇れる日本人の感性

渋澤健(しぶさわ・けん)
コモンズ投信株式会社取締役会長。公益財団法人日本国際交流センター理事長。
小学2年で渡米、1983年テキサス大学化学工学部卒業。1987年UCLA大学にてMBAを取得。米系投資銀行で外債、国債、為替、株式マーケット業務に携わり、1996年に米大手ヘッジファンドに入社。帰国後2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を創業。2008年コモンズ投信株式会社を創業。2012年公益財団法人日本国際交流センターの理事長に就任。渋沢栄一記念財団理事、経済同友会幹事、日本医療政策機構理事など複数の職務に従事する。著書に『金融のプロに騙されるな』(朝日新聞出版)、『30歳からはじめるお金の育て方入門』(同文館出版)、『渋沢栄一 明日を生きる100の言葉』(日本経済新聞出版社)などがある。

渋澤健(以下、渋澤) グローバル化が求められているなかで、改めて日本人の良さとして世界に訴えられるものは何かと聞かれたら、私は感性だと答えますね。日本の食べ物って実においしいですよね。和食に限らずイタリアンで中華でもおいしい店がたくさんあります。

 非常に競争原理の厳しい飲食業界において、生き残るためにはかなり高い感性を持ち合わせていないと無理で、異なる分野のAとBを足してこうするとおいしいものができるというクリエイティビティが優れている必要があると思うんですよね。

 たとえばカレーうどんなんてその最たるものでしょう。冷静に考えるとあれは異文化の混ざったすごい食べ物ですよ。日本人は画一的な社会で生きているから、異文化をあまりにも自然に受け入れることができるんです。その感性を今まですばらしい能力だと捉えたことがなかっただけじゃないでしょうか。

新将命(以下、新) なるほどね。

渋澤 海外の文化を吸収することも早いですし、韓国や中国など同じアジア圏の人たちと比べても日系アメリカ人はすぐにアメリカ人化しちゃう傾向があると感じます。

 思いやりがあるというのか、自分の意見をゴリ押しするだけじゃなく、相手の立場に立って考えられるというのも日本人の優れた感性です。だから日本人としての誇りを持って堂々としていればいいんですけどね。

渋澤 真のグローバル企業、グローバル人材になるのはすばらしいけれど、グローバルって無国籍ということではないと思うんですよ。海外にいると毎日のように他民族の方に日本人や日本について説明を求められます。そういう意味で海外にいるほうがよっぽど日本を意識させられる。逆に外にいるほうが日本の改善すべき点や誇りに思う点、良い点や悪い点が見えてきます。グローバルになるというのは日本を捨てることではなく、もっと自国を知ろうということだと思いますね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


新 将命 [株式会社国際ビジネスブレイン代表取締役社長]

1936年生まれ。早稲田大学卒業後、シェル石油、日本コカ・コーラ、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップスを含むグローバル・エクセレント・カンパニー6社で40年にわたり社長職を3社副社長職を1社経験。2003年より住友商事を含む数社のアドバイザリー・ボードメンバーを務める。長年の経験と実績をベースに、経営者や経営幹部を対象とした経営とリーダーシップに関する講演・セミナーをし、国内外で「リーダー人財開発」の使命に取り組む一方で、経営者・経営者グループ に対する経営指導、相談役も果たしている。

自身のビジネス人生で得た実質的に役立つ独自の経営論・リーダーシップ論は経営者や次世代リーダーの心を鼓舞させ、講演会には常に多くの聴講者が詰め掛けている。著書に『経営の教科書』(ダイヤモンド社)『伝説の外資トップが説く リーダーの教科書』(ダイヤモンド社)、『伝説の外資トップが説く 働き方の教科書』(ダイヤモンド社)、『コミュニケーションの教科書』(講談社) など。またオリジナル教材『新将命の経営・リーダーシップ実学』やCD教材等も。

新将命 公式サイト

 


“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」

ジョンソン・エンド・ジョンソン、コカ・コーラ、フィリップス、住友商事、アメリカ、ヨーロッパ、日本を代表するグローバル・エクセレント・カンパニーでトップマネジメントを務めてきた新将命氏の経営メソッドの本質とは何か? 経営者そしてリーダーは、「何を考え」「何を行うべき」か? また、それが、次世代を担う若手経営者やビジネスリーダーからも圧倒的な支持を受けている背景にあるものは? 次世代を担う各分野のリーダーをゲストに招き、改めてその魅力を紐解いていく。

 

「“伝説の外資トップ”新将命 特別対談 次世代リーダーと語る「ビジネスの原理原則」」

⇒バックナンバー一覧