ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
あたらしい働き方
【第16回】 2013年11月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
本田直之 [レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO]

なぜ、この会社は
若い人に圧倒的な知名度と就職人気があるのか?
【企業インタビュー:Plan・Do・See(プラン・ドゥ・シー)編】

1
nextpage

Great Place to Workの「働きがいのある会社」ランキングの日本の調査で、堂々第3位に付けている会社が、Plan・Do・See。ホテルやレストランの経営、運営、ウエディングのプロデュースなどを手がけています。設立は1993年。社員・アルバイトともに500名という規模ですが、実は若い人には圧倒的な知名度と就職人気を誇ります。キャスティング室室長の笹山剛史氏にお話を伺いました。

世界中に幹部クラスを派遣
1年ほど自由にやらせる

「500名のうち、海外研修旅行に一度に60名をつれていきました」(キャスティング室室長・笹山剛史氏)

本田 実は私の友人で、10年近く前からこちらで働いている人物がいます。彼をずっと見ていて感じていたのは、なんとも楽しそうに働いているなぁ、という印象でした。

笹山事業の見た目は飲食業に見えるのですが、ウエディングビジネスをベースに、神戸や福岡でホテルを経営したり、地方の古い伝統的な建物をリニューアルして生き返らせたり、ニューヨークにレストランを出したりと、あたらしい挑戦や取り組みを進めています。

本田いろいろと面白いことをやっているのですね。

笹山昨年の海外研修旅行では一度に60名を連れて行きました。引率者7人の7チームを作って、それぞれで好きな場所に行ったんです。パリ、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドン…。いいところに泊まって、いい旅をしながら、会社の行く末をみんなで話し合って。ごっそり社員がいなくなって、現場は大変だったようですが(笑)

本田仕事を楽しませようとする取り組みは半端なものじゃありませんね。道理でで、若い社員がイキイキと楽しそうに働いているわけだ(笑)

笹山これを毎年やっています。研修だけではありません。総料理長が1年間パリに行くなど、幹部が続々と海外勤務へと旅立っています。私の友人は、神戸のオリエンタルホテルの支配人をしていましたが、ニューヨークへと旅立つことになりました。世界中に幹部クラスを派遣して、1年間ほど自由にやらせて、海外のライフスタイルやビジネスのやり方、良いサービスを自由に学んできていい。でも、これをしなくてはいけないという、厳格な決まりはない。語学の勉強をしてもいいし、素晴らしいレストランに通い続けてもいいという試みです。言葉や文化を学んできてくれ、好きにやってこい、という。それを帰国後、何らかで生かしてくれればいい、と。

本田1年後は、きっと会社にとって大きな資産になっているんでしょうね。

笹山今は、フランスやイタリアやアメリカなど、主要な都市に幹部クラスを派遣しようとしています。参加する人は楽しいでしょうし、その経験は何物にも代え難い知識として体に宿り、会社にとっても大きな財産になると思っています。

 新卒採用でのエントリーは実に3万人、説明会には1万8000人。この中から20名前後の採用者が毎年、出ています。事業内容は飲食関連のサービス業ですから、決して人気業種とはいえない。なのになぜ、これほどまでにPlan・Do・Seeは若い人を惹きつけるのか――。

 社員にとって、これほど大胆で自由な任され方をすれば、仕事が面白くないはずがないと思います。幹部クラスを1年間自由に海外に行かせられる余裕が会社にあるということは凄いことなのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


本田直之 [レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO]

シティバンクなどの外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締 役としてJASDAQ上場に導く。 現在は、日米のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果をあげるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。日本ファイナンシャルアカデミー取締役、コーポレート・アドバイザーズ取締役、米 国Global Vision Technology社取締役、Aloha Table取締役、コポンノープ取締役、エポック取締役などを兼務。東京、ハワイに拠点を構え、年の半分をハワイで生活する デュアルライフをおくっている。著書に、レバレッジシリーズをはじめ、『あたらしい働き方』『Less is More』(ダイヤ モ ン ド 社 )『 ノ マ ド ラ イ フ 』( 朝 日 新 聞 出 版 )『 パ ー ソ ナ ル ・ マ ー ケ テ ィ ン グ 』( デ ィ スカヴァー・トゥエンティワン)などがあり、著書累計250万部を突破し、韓国、台湾、 中国で翻訳版も発売されている。著者のプロデュースも行っており、50万部を突破した『伝え方が 9 割』『なぜ、「これ」は健康にいいのか?』をはじめ合計150万部を突破しいずれもベストセラーとなっている。講演活動は国内だけでなく、アメリカ、オーストラリア、カナダ、中国、シンガポール、韓国、香港、台湾など海外でも行っており、学生向けには早稲田、慶応、明治、 一橋、筑波、立教、法政、上智など様々な大学で講演を行っている。サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)、明治大学商学部産業経営学科卒、(社)日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、アカデミーデュヴァン講師、明治大学・上智大学 非常勤講師

 


あたらしい働き方

「あたらしい働き方がどんどん出てくる今、なぜまだ昔の基準のまま会社を選ぶのか」著者が、アメリカではパタゴニア、ザッポス、エバーノート、IDEO、スタンフォード大学d.Shcool、日本ではカヤック、スタートトゥデイ、チームラボ、Plan ・do・see、ワークスアプリケーションズ、などの、先進企業を取材し、いままさに世界で生まれつつある「古い価値観や常識に縛られないあたらしい働き方」は何なのかを、伝えていきます

「あたらしい働き方」

⇒バックナンバー一覧